仮想通貨の市場が弱気でも「ナスダックやフィデリティ」は投資を続ける

Seemingly unphased by the current bleeding conditions of the cryptocurrency market, Fidelity Investments and NASDAQ Ventures have reportedly taken part in a funding round of new cryptocurrency exchange ErisX.

現在、仮想通貨市場は明らかに良いとはいえません。
しかし、市場に左右されず、金融業界の大手ナスダック・ベンチャーズとフィデリティ・インベストメンツ率いる投資家グループは、シカゴに本拠を置く新しい仮想通貨交換ErisXに資金提供をしたと報じられてました。

The total amount raised is $27.5 million, Reuters reports.

ロイターの報告によると、資金調達額は2億750万ドルだといいます。

この報告書によると、ナスダックは既に参加を確認しているが、フィデリティはまだコメント要請に応えていない。

According to the report, Nasdaq has already confirmed its participation while Fidelity is yet to respond to the requests for comment.

新しい仮想通貨交換は、Bitcoin(BTC)・Litecoin(LTC)・Ether(ETH)の現物市場と先物市場の両方で取引することが可能になるとか。米国の規制に従い承認を得て2019年に立ち上げられる予定です。

ErisXのCEOであるThomas Chippas氏は、
最先端企業の資金援助が増えるにつれ、“機関投資家”と“個人投資家”の両方が利用可能な安全に提供すること目指すとしています。

Bitcoinist reported November 27 that NASDAQ “has been working to satisfy the concerns of the US’ main swaps regulator, the Commodity Futures Trading Commission (CFTC), before launching the contracts.”

ナスダックは、今回の契約を開始する前に、仮想通貨ビットコインの先物取引を計画していることを報告しています。

SEQUOIAもBaiduも仮想通貨やブロックチェーンに投資

アメリカのベンチャーキャピタルの中でも、実績も高いSEQUOIA(セコイア)は、仮想通貨やブロックチェーンの領域へ投資を始めていました。

そして、今回また報じられているのは、上記のSEQUOIA(セコイア)と中国最大の検索エンジン事業者Baiduが、チューリング賞を受賞したTsinghua University教授Andrew Chi-Chih Yao博士のブロックチェーンプロトコルに投資をしました。

投資金額は3,500万ドル(約39億円)

中国の「コンピューターサイエンスのゴッドファーザー」との異名をとる、チューリング賞受賞者の姚期智(アンドリュー・チーチー・ヤオ)博士は、シンガポールで登記されているコンフラックス財団のトップの1人として同財団の指揮を執っている。
「コンフラックス」と名付けられたこのネットワークは、ブロックチェーン最大の障害とされる「拡張性」の問題に対処する目的で設計された。
その新たなテストネットは、「毎秒最低6500件のトランザクション」を処理し、「最低20000個のノードに対応」する能力を持つと公表されている。
IMOベンチャーズ、フリースファンド、ロン360、シュンウェイ・キャピタル、F2プール、大手仮想通貨取引所フォビなど、
多数の著名テック企業やベンチャーキャピタルから支援を受けたという。

また、今後米国証券取引委員会(SEC)による仮想通貨ビットコインETFの承認がどうなるかも注目されています。

現在、誰の目から見ても仮想通貨相場への不安もあるはずですが、大手金融業界や機関投資家は、依然として投資を続けているという点。この少し先を見据えての動きであれば、どこを視点として着目しているのかも大きな参考になるのではないでしょうか。仮想通貨が消えてなくなるというのであれば、なぜ参入するのかは考えるまでもないと判断されてしまうところ。しかし、一般投資家と機関投資家、そして元となる金融では同じ目的にはなりません。ご自身がどこを目指しているのか、何を求めているのかが大切になってくるのかもしれません。

関連するまとめ

VISAやNASDAQもビットコイン技術の新興企業「Cain.com」に投資

NASDAQパートナーのChain.comが決済の巨人ビザやナスッダクらから3,000万ドルを調達したとのニ…

仮想通貨まとめ編集部 / 2374 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。