仮想通貨イーサリアム(ETH)の大口保有の“クジラ”が増えている

Prices have fallen so far, and stayed down for so long, that many investors who bought cryptocurrency in early 2017 but remain profitable are beginning to cash out before that changes.

仮想通貨相場の価格は下落してしまい、2017年初頭に仮想通貨を買った収益を残している多くの投資家は“現金化”し始めているといいます。

しかし…別の動きも見えるのは、少なくともEthereumについて言えば、別の様子。それは、ブロックチェーンのデータによると、景気後退を嫌う「クジラ」と呼ばれる大規模な保有者が購入しており、保有規模が大幅に拡大しているようなのです。

参考資料:https://www.ccn.com/crypto-whales-who-havent-sold-nearly-doubled-their-ethereum-holdings-this-year/

仮想通貨イーサリアム(ETH)の大口投資家、いわゆるクジラが保有するETHが右肩上がりで増加している。

※クジラとは仮想通貨業界では大口の保有者(保有団体)のことを言います。

仮想通貨ビットコインのクジラたちの話は、今まで取りあげられてきました。しかし、今回のイーサリアムのクジラが増えていることに触れられているのは珍しいかもしれません。

調査会社Diarのレポートでは、

年初来から弱気相場が続いており、とりわけイーサリアム(ETH)の価格は85%以上も下落したにも関わらず、クジラたちはETHを集めていることになる。

売却しない保有派「アクティブ500アドレス」は大口“保有額”を増やす

最大1,000のアドレスの中で現在積極的に取引されている500のEthereumのアドレスがあります。これらのウォレット(財布)は、2018年に大量のイーサを蓄積し、1月以来ETHの保有量は、Ethereumの歴史における他の期間よりも長くなっています。

According to research from Diar, there are currently 500 actively-traded Ethereum addresses among the largest 1,000 addresses. These wallets have accumulated massive amounts of ether during 2018, growing their ETH holdings by 80 percent since January — more than any other period in Ethereum’s history.

11月末時点で、これらのクジラたちは総額2,000万ETH以上を保有。

全体の流通量のほぼ5分の1にあたる量を占めた。
ただ、クジラの保有額をドル換算すると、年初は210億ドルだったのに対して現在は23億ドルとほぼ10分の1に減少。イーサリアムの価格は年初来で85%以上下落している。

今年初めの一番高かったころは日本円で15万円台。今や1.2万円~1.3万円。この価格まで落ちており、買い側としては保有できる枚数は多く持つことも可能なくらいの相場です。

金額で考えれば、1ETE15万円のときは数量1マイしか保有できませんが、今であれば1.2万円なら、15万円分を購入することと考えれば、少なくとも12枚は保有できることになります。

Diarのレポートは、この理由としてイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の投資家によるイグジットの可能性が高いと指摘。
ICO市場に陰りが出る中、投資家が投資資金の回収(イグジット)を模索しているのではないかとみている。多くのICOトークンはETHに連動している。

このような状況で、EthereumのERC-20トークンを「多様化」したトレーダーらは、「損失」を減らしETHに戻すようになっているのではないかと伝えています。
参考:https://www.ccn.com/crypto-whales-who-havent-sold-nearly-doubled-their-ethereum-holdings-this-year/

ただし、先にお伝えしたクジラの保有量は増えているという内容には、別の顔も見受けられます。それは、クジラの保有量の増加は、クジラの対象となるアドレス数の拡大とは相関していないことです。

Since January, the number of active whale addresses has declined by 30 percent, further concentrating the ETH supply among a smaller group of addresses. That said, the ETH supply is less-concentrated than it was at the beginning of 2017 when whales held around 33 million ETH — more than one-third of the total ETH supply at the time.

関連するまとめ

仮想通貨Ethereum(イーサリアム)が史上最高値425ドルをたたく|Ethere…

Ethereum(イーサリアム)が史上最高値を更新し一度425ドルに到達しました。イーサを使った世界初の社債…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 25108 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。