Bakkt始動が「12月中」から「来年1月24日」に延期

今年、大いに話題になり、期待されていた仮想通貨プラットフォームBakkt(バックト)の始動。
同プラットフォームはニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)が立ち上げたもの。マイクロソフトやスターバックスも参画しています。

伝統的な金融組織が関わるプラットフォームであるがゆえ、フィデリティの仮想通貨ビジネス参入と共に機関投資家の参入のきっかけになるとして、その取引開始に期待が寄せられていました。

Bakktでのビットコイン先物の取引開始は12月12日が予定されていました。
しかし先日、この取引開始予定が1月24日に延期されたと報道されました。

ICE Futures US Inc.は

Bakktの現物決済ビットコイン先物取引の取引を2019年1月24日に開始
する。

BakktのCEOであるKelly Loeffler氏は、現状等について次のように述べています。

興味度の高さとさらに準備を整える期間として1月24日まで延期

Bakktがオープンしても初日からユーザーが取引できなければ意味がありません。
その準備に時間がかかっている、と解することができます。

発表当時は大々的に報じられましたが、懸念はやはり「規制」▼

同プラットフォームは記事執筆時点でも規制当局の認可を待っている状態にあり、2019年1月24日という日にちも確定したとは言い難い状況

なお、セキュリティの状況は、

先物取引の担保となるビットコインの内、コールドウォレットで保管されている分は保証されている。
また現在ホットウォレットの分の保険も現在確保している最中。

仮想通貨相場への影響は

実際に5000ドルを割って、20日午後6時頃には4420ドルまで下落したビットコインは、21日0時頃に直近最大の反発を記録し、4900ドルまで回復していた
Bakktの公式ツイッターからLoeffler氏の発表内容が公開(午前2時頃)される直前から再び急落している。

Twitterでの反応は

BCHのハードフォークによる下げと絡めてみる人もいるようで、

関連するまとめ

ビットコイン取引所・販売所比較(特徴、手数料ほか)仮想通貨2016最新

ビットコイン取引所/販売所は日本でも安定してきましたね。今回は国内主要取引所/販売所を5社ピックアップしまし…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9606 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。