米国の借金20兆ドル(約2300兆円)規模「仮想通貨へ避難か」

仮想通貨取引所ShapeShiftのCEOであるErik Voorhees氏は11月9日、自身のツイッターで米国債の状況が、今後の仮想通貨の追い風になり得るとした内容を投稿した。

その内容は、

「次の金融危機が発生し、20兆ドル規模の負債を持つ組織(編集部注:米国政府)に返済の能力がなく、
通貨発行をせざるを得ないということを世界が認識したとき、法定通貨は追い込まれる
…その時仮想通貨に何が起こるかが楽しみだ。」

アメリカの借金は、リーマンショック後から減ることはなく、
金融危機への警戒が取り上げられてきました。
それでも、世界の基軸通貨といわれる「ドル」は、
リスク分散の避難場所として多くの人が推奨する法定通貨。
今、ドルを持つべきだという声と、
ドルは危険だという声で完全に意見がわかれている状況です。

Erik氏の発言の背景にあるのは、急拡大を続ける米国債の規模だ。10月には連邦政府が1.34兆ドルの新規債発行を発表、これは一回の発行としては2010年以降では最大規模になる。
要するに金融危機が発生した時に、法定通貨の管理通貨制度における裏付け「信用」という担保を保つことが難しくなり、
自ずと政府の信用力には紐づいていない仮想通貨に需要が集まるのでは無いかという予想だ。

アメリカの借金については、
裏側では数年前から注意喚起だという話は耳にしてきました。
良くも悪くも仮想通貨への注目が集まるようになり、
“ようやく”大きくクローズアップされてきたとも言えるのでしょう。

米国の金利上昇や、新興国との関係など、
細かい経済の流れは割愛させていただくとしても、

世界最大の資産運用会社であるブラックロック(BlackRock Inc.)社のLaurence Fink氏は、2019年から米国政府は毎年1兆ドルの借り入れを行わなければならなくなるだろうと米 Yahoo Financeで述べている。

これは、ただ数字を流し読みできるような額ではありません。
2019年にはリーマンショック直後の水準に匹敵するという恐ろしい数字なのです。

ニューヨーク大学のヌリエル・ルビーニ教授も、

….2020年までには金融危機の条件が整い、その後景気後退が起こるだろう。

と、「仮想通貨」関係者以外である経済学者や各方面の有識者からも、
危険な流れに警告を流している状況は嘘ではなく、
米国の経済衰退予測を伝えています。

過去、世界の国々では、こうした状況に準備すべく、
仮想通貨や他の資産への資金移動が静かに行われてきました。
あくまでも米国のドルは世界の基軸通貨であり、
簡単にデフォルト(債務不履行)されては大混乱を起こします。
米国の一国だけの問題ではなく、
世界全体の金融危機として捉えられることを考えると、
自国のことでなくとも無関心でいることは危険とも言えるのではないでしょうか。

日本の借金1080兆円「10兆円返済でも100年以上かかる」預金封鎖と新札発行は行われるか

社会保障費や様々な問題に対処するために紙幣を刷り過ぎた日本

関連するまとめ

LINE、”ブロックチェーン投資向け”ベンチャーファンド設立|同日、仮想通貨トロン(…

LINEが11億円でトークン・ベンチャーファンドを7月に設立したと発表しました。正式名称は「アンブロック・ベ…

鈴木まゆ子 / 1422 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。