仮想通貨を保持するだけでは
「今は利益を得られない」のでしょうか。
現在“月1000万円超稼ぐトレード”をしているのは、
過去保持していたユーザーの話。

今回はトレードに成功しているトレーダーより、
狙う「仮想通貨」について取り上げました。

また、リンクするかのように、
今後、仮想通貨市場を「爆発」させる仮想通貨について、
触れた記事がありましたので、
あわせてご紹介いたします。

月1000万円超えのトレーダーは、過去仮想通貨をガチホしていた

凄腕のトレーダー502おじさんは

本格的にトレードを始めて1年弱で資産1億円超えを達成したのだ。

以前の話を聞くと、誰もがありそうな話▼

「ビットコイン(BTC)を600万円分買ったのが昨年7月。年末にかけてのバブル相場で資産は放っておいても10倍以上になったのですが、
今年1月にコインチェック事件が起きてからガチホはやめて、頻繁に売り買いするようになりました。

そして、まさに夢のような話は、非現実でもなさそうですね▼

トレード法を確立できた直近4か月でいうと毎月平均25BTC(約1700万円)の利益をあげています」

トレードで利益をあげられるようになったのは、
マーケットに対する疑問からだったといいます。

「さまざまな仮説を検証すると、大口投資家が相場を操っていたとしか考えられませんでした。

長くなりますが、少しまとめますと、
大口の投資家は、先に仕込んで値を釣り上げて人気銘柄を装う。
そして、一般大衆からの買いが集中することにより、
銘柄の価格は高騰します。
そして大口投資家は利益を確定するという流れ。
では、この流れにのっかるためには、

「その大口がどうやって稼いでいるのか検証していくと、大衆の注目を集めやすいイベントの前に仕掛けていることに気づきました。

海外の情報サイトでは、
今まで牽引してきた仮想通貨ビットコインに対して、
唯一注意しなければならないのは、今度貨幣をリードするのは、
「ビットコイン」ではないかもしれないということだと伝えています。

参考:https://bitcoinist.com/cryptocurrency-bull-market-ignite/

では、注目するトークンとは?

注目の仮想通貨「トークン」?

●オントロジー(ONT)
送金処理の遅延など既存の仮想通貨が抱える課題を解消するために開発。1.5兆ドルを運用するセコイア・キャピタルをはじめ、複数の大手ファンドと提携済み。
●ネオ(NEO)
502おじさんが初期から注目する「中国版イーサリアム」と言われるコイン。創設者が8月に来日、元ソニー社長の出井伸之氏などと会合を持った。
●NEM(XEM)
コインチェックから460億円分が流出したが、NEM自体の不具合ではなかったため、今も愛好者多数。知名度の高さを利用した大口の仕掛けが入る可能性も。

関連するまとめ

次世代仮想通貨取引所「ErisX」が巨大金融機関から約31億円を資金調達|ナスダック…

仮想通貨市況がまったく振るわず、このまま落ち込むのではないかとさえ言われている中、次々と機関投資家参入の期待…

鈴木まゆ子 / 1113 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

現在:海外法人CEO/ライター/マネー講師/アドバイザー

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
札幌・東京・大阪で登壇させていただきありがとうございました。
http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


19歳より始めた投資経験
(多き失敗も含め)、
88の副業経験を活かし、
仮想通貨だけではなく
お金そのものに焦点をあて、
個人サロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。