(4)Bitexasiaは、今回の解決に向け、開発コミュニティが違いに密接な連携をとることを期待する。例えば個々のアップグレード項目をマイナーボートによって決めるといった方法も1つだろう。合意に達しないからすぐにフォークするといった動きは望むところではない。

また、保有者の知りたいところでもある新コインについては、

(5)Bitasiaexは引き続き状況を見守りたい。かつ、11月のハードフォークには当社として準備を行い、BCH保有者にはその保有量に応じた形で新コインを供給する予定である。
(6)BCHティッカーについては次のルールに従う。(6-1)リプレイプロティションを行う側がティッカーを変更する。(6-2)「最大ブロックチェーン優先原則」:2017年8月1日を起算日としたブロックチェーンが最大のコインをテッカーBCHとする。

ただし、ハードフォーク後のしばしの混乱についても言及しています▼

(7)Bitasiaexは、ハードフォーク後の仮想通貨もBCH保有者にとって十分なディバティブ資産になると考えている。しかし、ハードフォーク後の仮想通貨の入手(特に分裂が落ち着くまでの間)には不要な投資リスクを冒すことなく、手持ちの仮想通貨により入手するすることを推奨する。

仮想通貨取引所Poloniex とKucoin

仮想通貨取引所Poloniex (ポロニエス)の対応

Circle Financialが所有するPoloniex exchangemは11月5日、 11月15日のBCHのフォーク・アンド・ポーズ・トランザクションをサポートする計画を明らかにした。

On Nov. 5, Poloniex exchangem which is owned by Circle Financial, revealed its plans to support the Nov. 15 BCH fork and pause transactions.

内容によれば、
ハードフォークの前にすべてのBCH残高のスナップショットを取得し、
アップグレード中にBCHトランザクションを停止するとのこと。

ネットワークが安定したら、発表し、預金と引き出しを再開する」とポロニエス氏​​は説明する。

“Once the network stabilizes, we will make an announcement and re-enable deposits and withdrawals,” explained Poloniex.

ユーザーがBitcoin ABCのロードマップを参照することができると述べることによって、取引プラットフォームは結論づけられました。

The trading platform concluded by stating that users can also refer to the Bitcoin ABC roadmap.

仮想通貨取引所Kucoinの対応

仮想通貨取引所Kucoinは、Bitcoin ABCハードフォークロードマップをサポートすると説明しました。

The same day, the Kucoin cryptocurrency exchange explained it would be supporting the Bitcoin ABC hard fork roadmap.

ハードフォークが行われる前に、Kucoinはバランススナップショットをとり、BCHトランザクションを一時停止します。「BCHの入出金は2018年11月15日(UTC + 8)23:00:00に中止される」とトレーディングプラットフォームを説明した。

Before the fork takes place, Kucoin will take a balance snapshot and suspend BCH transactions. “Deposits and withdrawals of BCH will be suspended at 23:00:00 on November 15th, 2018 (UTC+8),” explained the trading platform.

日本の仮想通貨取引所は?

日本の取引所が分裂コインに関して取扱い方針を発表するかは未だ不明だ。

マネックスGが買収したコインチェックも
新たな規約が伝えられており、
こうした動きに反応しているともいえるかもしれません。

登録ユーザーより預かった「仮想通貨のハードフォーク」等により新たな仮想通貨が生じた場合であっても、登録ユーザーは、コインチェック社に対して、新たな仮想通貨の付与やその取扱いを請求できないものとする

出典:CoinCheck

日本の場合は金融庁や自主規制団体の新たな取扱ルールがあります。

これには現在自主規制団体を認可し、自主規制ルールの施行のフェーズへ移っている金融庁や自主規制団体の新たな取扱ルールに乗っ取って、新たなコインを上場させる必要があるが、それが大きな懸念点として挙げられるためである。

関連するまとめ

ピーター・ティールの投資先は仮想通貨・ブロックチェーンなどにシフト|「シリコンバレー…

米メディアFortuneによれば、Paypalの創業者であり、起業家・投資家であるピーター・ティールの関心先…

鈴木まゆ子 / 1094 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。