11月15日に予定されている
仮想通貨Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)(BCH)の
ネットワークハードフォーク

予定日残り10日を切り、
もしかして「分裂により新しいコインが付与されるのではなか」
そんな期待もあって高騰をしてきた数日。

現時点では、ルールセットの変更が異なる2つの競合するBCHクライアントがあるため、次のフォークがチェーン分割を引き起こす可能性があります。

At the moment the upgrade has two competing BCH clients with different ruleset changes, so the upcoming fork could cause a chain split.

ビットコインの時も同様に、ハードフォークによる分裂がおこり、ビットコインキャッシュが誕生し、「ビットコインを保有」していた人は、保有枚数と同数のビットコインキャッシュが付与(無料で同じ数が付与)されました。

この時の状況を知ってか、もしかしてビットコインキャッシュからも、
新コインが誕生するかもしれないという期待がされている様子でしょうか。

ほとんどの方は取引所に預けているようで、どこがハードフォークに“対応”しているのかが、次の関心になると思われます。対応していなければ付与されることがありません。※ウォレットと保管とは別

特定のアップグレード提案に対する競合のため、数多くの交換所および財布提供者が、今後のコンセンサス変更のための緊急時計画を明らかにした。

Because of the contention over certain upgrade proposals, a slew of exchanges and wallet providers have revealed their contingency plans for the upcoming consensus change.

気になるサポート状況をまとめてご紹介します。
その前に少しだけ、ビットコインキャッシュは“どちら”なのでしょうか。

Bitcoin ABCかBitcoin SVか「ビットコインキャッシュのBCH」を名乗るのは、どちらか

対立はBitcoin ABCとBitcoin SV

現状ほとんどの取引所では、Bitcoin ABCのソフトウェアをアクティベートしている。
よってハードフォークの対応が無い場合は、Bitcoin ABCの通貨がこれまで通り、BitcoinCashとして取り扱われる可能性は高く、Bitcoin SVを取り扱う場合は、取引所が対応、またそれに伴う声明を出す必要がある。

しかし、可能性が高いということだけで、
Bitcoin ABCが
現在のBCH(ティッカーシンボル)で
扱われると確約されているわけではないようです。

また重要な問題は、Bitcoin SVが現状リプレイプロテクションの実装方針が発表されていることだ。
この影響でハードフォークが行われた後、いわゆる不正送金(リプレイアタック)が行われる懸念も含んでいる状況となり、
仮に対応方針を発表している取引所であっても、上場する段階で、Bitcoin SVのリプレイプロテクションに関する対応を待つ必要は出てくるかもしれない。

仮想通貨取引所BinanceとCoinbase

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)からのお知らせ

We will take a snapshot of all Bitcoin Cash balances at UNIX time 1542300000, 2018/11/15 4:40:00 PM (UTC). Deposits and withdrawals of Bitcoin Cash will be suspended starting from 2018/11/15 3:00:00 PM (UTC).

バイナンスはハードフォークをサポート。
2018年11月15日3:00:00(UTC)からビットコインキャッシュの
入出金を一時停止すると発表しました。

しかし、バイナンスのプラットフォームが、実際に“サポート”しているチェーンについては特定されていませんでした。

It, however, did not specify which chain the platform would actually support.

この意味は、ビットコインキャッシュのハードフォークは、
たんなるアップグレードではありません。
もしも対立している両方のチェーンが生き残った場合、

・両方ともサポートするのか
・ビットコインキャッシュをサポートするのか
・ビットコインキャッシュから分裂した側をサポートするのか

Binance(バイナンス)は、この問題については触れていません。

ユーザーは、
予定された停止日よりも前に、
預金と引き出しを完了するように指示されており、

Bitcoin Cashの預金および引き出しが再開された時点で、ユーザーに通知するためにスナップショットが完了した後に別途アナウンスを行います。

We will make a separate announcement after the snapshot is complete to notify users when deposits and withdrawals for Bitcoin Cash will reopen.

関連するまとめ

J・マカフィー氏「ICOはもうやらない」|米SECの脅威が背景?SECは「ICOはほ…

仮想通貨界隈で何かと話題を呼ぶマカフィー氏。今回は「ICOはもうやらない」発言が注目を集めています。背景には…

鈴木まゆ子 / 9841 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。