仮想通貨ステラ(XLM)、140億円超のエアドロップ(無償配布)発表

時折Twittterなど経由でも行われる仮想通貨のエアドロップ(無料配布)。
最近はあまり見かけなくなりましたが(筆者が素通りしているだけかもしれません。。。)、仮想通貨の知名度が上がる以前、「BTCをプレゼント!」という具合にときどき無料配布が行われていました。

おいしさにつられる人も多いので、詐欺の手段として用いられることも。

ただ、今回のBlockchain.comによるステラのエアドロップは本物のようです。

仮想通貨ウォレットとして知られるBlockchain.comが、コインマーケットキャップですでに時価総額6位を占める仮想通貨ステラ(XLM)のサポートを開始したと6日に発表。

同時に、ステラの無料配布を行うことを発表しました。総額1億2500万ドル(約142億円)相当。

Blockchain.comは次のようにコメントしています。

「仮想通貨の歴史の中で最大のエアドロップ であり、これまでで最大の消費者プレゼントの可能性が高い」
「新しいネットワークの分散化推進と導入を促す素晴らしい方法」である

なお、この対象者は、▼

ただ、新規登録者も受け付けており、

なぜエアドロップの対象にステラが選ばれたのか

エアドロップの目的がその仮想通貨であるとしても、すでにステラは有名アルトコインの一つ。
なぜ”わざわざ”エアドロップの対象としたのでしょうか。

同社では次のように説明しています。

ステラ(XLM)はたとえ100万人規模の人が同時に使っても、安い手数料で早い取引が可能である

さらに、Blockchain.comは今回のエアドロップに関し、さまざまなパートナーシップを締結させています。

スタンフォード大学の「d・school」をはじめ、非営利団体の「Code.org」やソフトウエア会社の「Network for Good」とよりよい未来の実現のためのビジョンを共有し、パートナーシップを締結

この他、発展途上国に飲み水を提供する非営利団体のチャリティー・ウォーター(charity: water)ともパートナーシップを締結し、寄付を行う予定だとのこと。

こういった事業展開のためにも同社を利用するユーザーが増えることも仮想通貨ユーザーが増えることも有益なのかもしれません。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。