偽イーロン・マスク、Twitterでエアドロップ詐欺を働く

電気自動車「テスラ」CEOとして名高いイーロン・マスク。
彼のTwitterのフォロワーは2000万人を超えています。

その著名度にあやかった(?)のか、彼の偽物がTwitterに登場。
「0.1BTC送ってくれたら2BTCプレゼント」というようなエアドロップ詐欺を働いたとして話題になっています。

偽イーロン・マスク氏のIDは「@PantheonBooks」となっており、約7万人のフォロワーを持つ米国の出版社パンテオン・ブックスの認証済みアカウントを何者かが乗っ取ったものとみられる。
「1万ビットコインを全てのコミュニティーに差し上げる」とするプロモーションツイートを展開。
ツイート先のビットコインアドレスに0.1BTCを送ると2BTCを送り返すなどと投稿
詐欺ツイートの中には、「Bitcoic」(Bitcoinと書きたかったようだ)を利用している人を対象に、世界でも類を見ない「最大規模の」仮想通貨無料配布を実施すると宣伝

巧みな細工でフォロワーとTwitterセキュリティ対策を回避

認証済みアカウントに侵入したあと、詐欺師らはプロフィールの名前や写真を入れ替え、テスラ社のイーロン・マスクCEOのアカウントに見えるように細工
乗っ取られた出版社のアカウントは、表示名とアイコンをイーロン・マスク氏本人のアカウントと同じものに変えた上で本人のツイートをリツイート
自身の発言が並ぶタイムラインを本人らしくでっち上げた。

以前ETHギブアウェイ詐欺などでもVitalikやPavel Durovの偽アカウントを作るパターンが横行しましたが、これはツィートをよく見ればすぐにニセモノと気づくケースでした。

今回のイーロン・マスクの偽アカウントは「手が凝っている」と言えます。

さらに、Twitterのセキュリティ対策を回避するため、

ツイッターのセキュリティー対策を回避するために、詐欺師らは「Elon Musk」という名前の中の1文字を微妙に変えていた
これにより、ツイッターのセキュリティー機構が自動で偽アカウントを停止することから逃れていた

このあたりで「ニセモノ」だとバレた

しかし、やはりニセモノはニセモノでしかありません▼

イーロン・マスク氏本人のIDは「@elonmusk」であるため、本人のアカウントが乗っ取られない限りは、IDまで注意深く見ていれば見破ることはできる。

現在は削除済み

パテUK社はその後、アカウントの管理権限を回復し、偽のイーロン・マスク氏のツイートも削除した

イーロン本人のTwitterにも影響があったようです。

関連するまとめ

仮想通貨の取引所「登録」休止や撤退が相次ぐ|登録しないのではなく、できない本当の理由

仮想通貨の取引所は、利用者保護の一環として10月から登録制になりますが、8月末時点で1件も登録が完了されてい…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 26674 view

関連するキーワード

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。