固有名詞のコイン名がでてきますが、
引用元はPR記事としての掲載となっています。
当サイトではコインそのものをお勧めするものではなく、
あくまでも仮想通貨市場にも前年とは異なるカタチで
利益を得る可能性もあるかもしれない“仕組み”に
焦点を当ててご紹介いたします。

仮想通貨経済(トークンエコノミー)の思想実践か

中国発の仮想通貨取引所FCoinがリリースした「進化版取引所FCoinJP」

FCoinといえば、手数料収益の80%をユーザーに還元することで有名な話題にことかかない仮想通貨取引所だ。
同社幹部によると、30日0時の立ち上げから2時間強で約1700億円の取引高を達成したという。

あまり聞いたことがない方もいるかもしれませんが、
基本は日本人が購入できない(取引できない)海外の取引所など、
いくつか「還元」を行うところはあるようです。

もしも、この取引高であれば「ただならぬ」数字が示すものは、

トレーダーを引き付けたのがFCoinがこれまでも最大の売りにしてきた「手数料利益還元」の仕組みだ。

還元の対象になるのは、取引所が発行するトークンの
保有量により配当をうけられるというもの。

ここに

という話を耳にし、
欲しいと思うユーザーが殺到したようです。

また“あの夢”が再来するかもしれないと思えば、
少しは保有してみたいと思うのも人の感情かもしれません。

FCoinは、

取引すればするほど仮想通貨をもらえる「取引マイニング」という新たなコンセプトを引っ提げて、取引量を急増させたといわれる。

取引手数料が取引所の大きな収益と考えれば、

取引所が得る手数料収益の80%をユーザーに還元する仕組みを懐疑的に見る声もあるが、
「サービス利用者を所有者にするというトークンエコノミー(仮想通貨経済)の思想」を実践するものだ。

こうしたコンセプトは似たような仕組みは、
他の海外取引所でもありますが、PR記事として紹介されたのは、
今まであまりないかもしれません。

「仮想通貨」そのものをトレードするのではなく、
保有することによって得られる配当式は、
ある種、ユーザーには比較的安定に近い収益にもなるかもしれません。
また、労働収入ではなく不労で得られる利益とも言えるのでしょう。

また発行元にとっても80%を還元したとしても何が優位になるのかは、

「仮想通貨を発行してもこれを既存の仮想通貨取引所に上場させようとすると法外な手数料がかかる。
これは低コストで資金調達や資産の流動性を高めるトークン経済の理想の姿とはかけ離れている。」(同幹部)

関連するまとめ

仮想通貨雑所得「分離課税」「20.315%」は実現するのか?|金融所得増税がひそかに…

昨年末の暴騰から一転、現在低迷を続けている仮想通貨。一方で、株式市場の価格は日経平均株価が2万円を超えるなど…

鈴木まゆ子 / 12369 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。