2019年の仮想通貨5大予想

投資情報メディアのInvesting Haven が、来年2019年の仮想通貨・ブロックチェーン投資に向けて、5つの重大予想を公開した。

特にファンダメンタル分析を行うと、2018年、仮想通貨・ブロックチェーン界隈を騒がせている「浄化」を上手く生き残れた仮想通貨は、今後も恐ろしく上手くいくとした一方で、多くの通貨はふるいにかけられるとされた。

機関投資家資金の市場流入が激化

2019年がとうとう機関投資家の資金流入元年となることは、過去にお伝えした記事から予想している人は多いだろう。

例に挙げれば、直近では、世界有数の投資会社フィデリティによる参入 や、影響力の強いハーバード大学やMITといった大口大学基金による巨額投資 を報じてきた。この流入が市場の流れを変えることは疑いようがないだろうと考えられる。
更なる根拠として、NYSEの姉妹企業で仮想通貨取引所Bakkt の新任COO、Adam White氏のインタビューを挙げている。

White氏は、米大手仮想通貨取引所Coinbaseを巨人に仕立てた人物で、Bakktは規制当局の認可次第今年の12月にも開業予定だという。White氏によれば、「仮想通貨への投資を待ちかねて機関投資家資金の掛け合い状態」だという。

ビットコインは現実的な上昇を見込み

ビットコインは仮想通貨全体の指標であり続けることは間違いないが、来年もこれまでのような巨大リターンをもたらすほどの大躍進は厳しいとの見方を示すが、現実的な価格の上昇を記録すると予想された。その根拠としてInvesting Havenは、ビットコイン先物による妨害を指摘する。

XRPがビットコインを越える?

リップル社とトランプ政権との対話 が明らかになり、またTech Crunch創業者による絶賛の声 も記憶に新しい。これは5大予想の中でも確信度の極めて高いものだとInvesting Havenは伝えている。

XRPは、機関投資家において、最も信頼できる仮想通貨になり得ると掲載。機関投資家にとって、首位のリップルに続きビットコイン、イーサリアム、ステラールーメン(XLM)の順で投資される通貨になりえるとした。

価値のある仮想通貨が2019年に躍進

2018年の仮想通貨下落によって良かった面があるとすれば、市場の浄化がなされたことだと掲載。無価値なプロジェクトが排除されたことで、本当に価値のある仮想通貨が2019年に躍進するのを一助してくれるとInvesting Havenは主張する。

今年、売り叩かれた仮想通貨のなかには、様々なプロジェクトが破綻し、その詐欺的な側面を見せたものもあった。

ブロックチェーンの実装が加速化

世界最大級のサービスファームであるプライスウォーターハウスクーパース(PwC)によれば顧客である巨大企業の多くがブロックチェーンに巨額投資をしており、増加の一方だという。PwCによるブロックチェーン関連のアドバイザリーサービスに対し、2018年だけで17億ドル(約1,900億円)もの需要があったという点からも、そのトレンドが伺える。
経営コンサルティング企業のGreenwich Associatesによれば、2017年から2018年にかけての企業におけるブロックチェーン予算額の増加は目覚ましく、企業のオペレーションを最適化し、エラーを排除してくれるブロックチェーンへの投資が打ち切られることはないという。

投資情報メディアのInvesting Havenが、2019年の仮想通貨・ブロックチェーン投資に向けた5つの重大予想を公開しました。2018年の荒波によって、価値ある仮想通貨がふるいにかけられ、その結果として今後の市場大躍進が予想されるといいます。

今年は仮想通貨自体がすっかり冷え込んでいましたが、秋になってリップルへの期待が再び高くなりつつあります。来年は仮想通貨に明るい話題が多くなるかもしれません。

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです