仮想通貨取引に不可欠な「ウォレット」

仮想通貨取引に不可欠な「ウォレット」

仮想通貨取引を始めたら不可欠になるのがウォレットです。

コインチェック事件以降、投資家の間で一気にセキュリティへの意識が高まり、Ledger NanoSやTREZORなどといったハードウェアウォレットの売り上げが急上昇しました。

また、取引所も自社のウォレットの安全性を高めるべく、技術革新に勤しんでいます。

ウォレットに関しては、海外製を導入するしかないと思われていましたが、もしかしたらこれは変わっていくかもしれません。

SONY、ICカード型ハードウェアウォレットを開発

日本の大手製造メーカーであり、ソフトウェア企業でもあるSONY(ソニー)が、仮想通貨のハードウェアウォレットを開発しました。

ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)は、ソニーのICカード技術を応用した非接触ICカード型の「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を開発した。
信頼度の高い耐タンパー性のあるICカード内モジュールで安全に秘密鍵を生成・保存可能としている。
今回の技術は仮想通貨の秘密鍵を管理するだけでなく、「ブロックチェーン技術を応用した個人情報管理システムのおいて、ユーザーが個人情報の利用許諾をするために使用する秘密鍵の管理」といった応用も可能

先述の通り、すでにいくつかのハードウェアウォレットがありますが、知名度は低く、いまだに取引所ウォレット(ホットウォレット)に仮想通貨を預けっぱなしという人は少なくありません。

また、すでにあるハードウェアウォレットでも、怪しいところから買えば、細工がしてあるニセモノをつかまされ、仮想通貨を奪われる結果にもなりかねません。

ソニーという大手が開発したウォレットが市場に出回ることで、投資家のセキュリティ意識が向上し、コールドウォレットが広まる可能性があります。

さらに、

同社は、仮想通貨をはじめとしたデジタルアセットを安全に取引できる「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」の事業化に向けた取り組みを進めるとしている。

SBIホールディングス、オンラインウォレットを共同開発

また、今年になり、仮想通貨の取引プラットフォームをローンチしたSBIホールディングス▼

同社はデンマークの仮想通貨企業Sepior ApSと提携し、オンラインのウォレットを開発するとのこと。こちらのウォレットは同社のプラットフォームであるSBIVCのクライアント向けなのだとか。

SBIは仮想通貨取引所の新しいセキュリティ技術のスタンダードを構築しようとしている。
Sepiorの特許技術であるThreshold Walletは、複数の関係者が関わるトランザクションの署名をより迅速に行うことができ、「秘密鍵を常に所有する必要がなくなり、サイバー攻撃による秘密鍵盗難を実質的に不可能にする」という。

SBIホールディングスの北尾社長は、「同社での秘密鍵管理で採用するのは「マルチパーティコンピューティング(MPC)」による閾値署名だ」としています。


マルチパーティコンピューティングとは、秘密計算によるものです。
秘密計算とは、複数のサーバで計算する方法であり、サーバ上では秘密鍵を復元することなく処理、秘密鍵そのものはユーザが保有します。
データが流出しても、そこには秘密鍵そのものがないため、実質的に情報漏洩がないのです。したがって仮想通貨の流出もないことになります。

これまで処理速度の遅さで実用化が遅れていましたが、SBIホールディングスの開発計画発表を見ると、その対処が可能になったことを示唆していると思われます。

まとめ

まとめ

市場そのものの価格変動は落ち着き、かつてのようなバブルの様相を呈さなくなった仮想通貨。
しかし、その裏側では、今後の普及を見越した周辺技術の改良や新たな製品の開発が進んでいます。

メイド・イン・ジャパンのブロックチェーンプロダクトはこれからもどんどん登場してくることが期待されます。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

関連するまとめ

仮想通貨ビットコイン急落は「金」と酷似|デジタルゴールドの短期推移予測は下落か上昇か

仮想通貨ビットコインが急落しました。今回の動きは実はあの「金」に似すぎているという報告。今までビットコインは…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 5419 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。