Fidelity社が2015年からマイニングを行なっていた

世界最大級の金融サービスプロバイダーFidelity Investmentsが、米時間10月15日に、新会社Fidelity Digital Asset Servicesを設立したことを発表した。同社は、機関投資家向けの仮想通貨取引プラットフォーム、仮想通貨カストディ、24時間の顧客対応を実現させると明らかにしている。
世界最大級の金融サービスプロバイダーであるFidelity Investments社は今週15日、機関投資家向けの仮想通貨サービスを提供する為に新規関連会社Fidelity Digital Asset Service社を設立している。

新しく設立される子会社では、機関投資家への仮想通貨取引(トレーディングデスク)や、仮想通貨管理(カストディ)サービスの提供が行われる予定で、今週仮想通貨界隈で話題となっていた。

Bloomberg | Fidelity has been mining bitcoin since 2015 | Finance and Crypto - YouTube

出典:YouTube

フィデリティ・インベストメンツとは

米大手の投資信託販売・運用会社。オープンエンド型投資信託のミューチュアル・ファンドだけで300以上の基金を持ち、2,500万人以上の投資家との取引がある。推定運用資産額は2017年時点で、2.4兆ドル(約264兆円)。

Fidelity社は最新技術に目ざとい?

Bloombergとのインタビュー内によると、ビットコインをマイニングする過程で数百BTCはマイニングしているとFidelity社の担当者は淡々と同社のビットコインとの実は深い歴史を語った。

Fidelity社は2014年からビットコインについて独自調査を開始しており、社内の食堂で利用する実験等を重ねていたという。
Fidelity社は90年代にはインターネット初期の頃からフロッピーディスクに投資家用のAPIを搭載していたなど技術の最先端を追求する社内文化があると説明している。
2700万以上の顧客からの計7.2兆ドル(約800兆円)相当の資産を管理し、世界5大金融サービスプロバイダーの1つとして知られているFidelity社は、創設者のビジョンの基、現在でもバーチャルリアリティーや、人工知能、ブロックチェーンなどに年間2800億円相当の資金を積極的に投じているそうだ。

世界最大級の金融サービスプロバイダーFidelity Investmentsが、新会社Fidelity Digital Asset Servicesを設立したことを発表しました。機関投資家向けの仮想通貨取引プラットフォーム、仮想通貨カストディ、24時間の顧客対応を実現させるためであることを明らかにしています。

また、2015年からマイニングをしていたことも明らかになりました。最新技術に目ざとい企業文化があるようですね ∑(゚∀゚」)」

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです