仮想通貨マイニングマルウェアの標的は”スマホ”へ

仮想通貨マイニングマルウェアの脅威は、仮想通貨価格そのものが低迷し、ボラティリティが下がっていても後を絶つことがないようです。

ソフトウェア技術会社のチェックポイントによれば、iPhone上で動作するマイニングマルウェアが昨年同月より400%増えたと言います。

また、サファリブラウザのユーザーに対する攻撃も9月の最後の2週間で急増したとのこと。

このマルウェアは、iOS自体を狙ったものではなく、Safariブラウザを介して動作するスクリプト
iOSユーザーが頻繁に訪れるサイトに仕組まれているため、iPhone上での被害が増加する要因となった
ユーザー自身がマルウェアをダウンロードしてしまうケースと、マルウェアが埋め込まれたサイトを訪問して感染するケースとあり、後者が主流になっている

ちなみにこのマルウェアが埋め込まれたサイトとは、もっとも有名なCoinhiveを使用しているとのこと▼

フィッシングサイト誘導と組み合わせタイプも__カスペルスキー報告

この他、カスペルスキー報告によれば、認証情報を盗む機能やフィッシングサイトへの誘導と組み合わせたマイニングマルウェアもあるのだとか。

Roaming Mantisを仕掛ける犯罪グループが、iOSデバイスを対象としたAppleのフィッシングサイトで認証情報を盗み取っている
調査中にフィッシングサイトへ誘導するWebサイトのリダイレクトが一時期無効になり、iOSデバイスでWebマイニングをするスクリプト(以前はPCプラットフォームのみを対象としていたもの)が追加されていた
iOSデバイスでこのサイトにアクセスすると空白のページが表示され、バックグラウンドでCPUの使用率が90%に達することもわかっている

犯罪集団は、「マイニングだけ」「情報ハッキングだけ」といった単体ではなく、組み合わせることでより費用対効果の高いマイニングマルウェアを開発していることがわかります。

対策のしようがないといえばそれまでですが、せいぜい「意味不明なアプリをダウンロードするのはとりあえずやめよう」としか言いようがありません。
(GooglePlayも安全とは言い切れませんしね)

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

トランプ氏発言!アメリカ選挙は不正操作|仮想通貨技術ブロックチェーン活用選挙プログラ…

どこでもひとつの起爆剤をもつ人物の告発。アメリカの共和党大統領候補であるドナルド・トランプ氏が、「不正選挙」…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3683 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。