ハイテク株の比率が多い米株式市場ナスダックが
セキュリティートークンのプラットフォーム立ち上げを検討している。

ナスダックが公表した内容ではなく、
仮想通貨のニュースサイトがが関係者の話として報じました。

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)市場の勢いが衰える中、ナスダックはいわば規制されたバージョンのICOで仮想通貨業界参入を目指していることになる。
ナスダックが注目したのは、セキュリティー・トークン・オファリング(STO)。

トークン発行を行うことで、資金調達するICO(イニシャル・コイン・オファリング)は知っている人も増えてきました。
以前取り上げましたSTOは、ICOとは異なり、
最初からトークンが「証券」であることを認めるもの。

STOは米国証券法に準拠することを目指している。
ICOも証券に該当するかどうかをめぐって議論が続く中、最近ICOの人気は下落。

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)による資金調達額が、
今年1月と比べて9月の時点で約90%減少しています。
昨年の人気から大きく下回る推移が公開され、
IOCで受け取ったトークンも購入価格には満たないというのも報告されています。

また、投資家を騙す詐欺的なICOが横行する現状は変わっておらず、米国証券取引委員会(SEC)による取り締まりも強化されている。
ナスダックがSTOに注目する背景には、ICOを取り巻く状況の悪さがあるのかもしれない。
実際、ナスダックのフリードマンCEOが6月にICOのリスクについて言及した際、「規制の欠如や責任の所在が不明確なことに対して大きな懸念を抱いている」と話していた。

ナスダックはブロックチェーン企業をはじめとした複数の企業に交渉しているとも報じられています。

新たなSTOプラットフォームではトークン化された証券の発行ができるほか、トレードも可能になると言う。このプラットフォームが立ち上がる時期は明らかになっていない。

関連するまとめ

中国人の4割「仮想通貨投資を検討」|5割が「仮想通貨」「デジタル通貨」を認識、6割超…

仮想通貨規制の強化が今も続く中国。しかし、その中国は一昨年半ばまで、世界の仮想通貨ユーザーの半分を占めると言…

すずきまゆこ / 850 view

元)仮想通貨まとめ編集部の志水

2015年より、このサイトに記事を毎日更新しています。

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

現在:海外法人CEO/ライター/マネー講師/アドバイザー

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
札幌・東京・大阪で登壇させていただきありがとうございました。
http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


19歳より始めた投資経験
(多き失敗も含め)、
88の副業経験を活かし、
仮想通貨だけではなく
お金そのものに焦点をあて、
個人サロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。