TwitterをにぎわせたVitalikとRoubini教授のツィートバトル

イーサリアム開発者として知られるVitalikとアンチ仮想通貨・ブロックチェーンとして知られるニューヨーク大学のRoubini教授。

元はRoubini教授が「Vitalikは独裁者」だという「仮想通貨は非中央集権じゃなくバリバリ中央集権的じゃないか」という批判ツィートをしたことが原因。

このツィートにVitalikが意識したのか、「金融危機なら僕だって予測できる」とツィート。さらにRoubini教授が「自分の専門分野をやれや」と反撃。

ツィートバトルが(実はまとめ記事で書く以上に)続いたのでありました。

公聴会の様子を受け、多くのジャーナリストが「Vitalik vs. Noubini」討論を希望

先日の上院聴聞会で、ルビーニ教授とCoinCenterのリサーチ・ディレクター、ピーター・ヴァン・ヴァルケンバーグ氏が招集され、堂々巡りの議論が繰り広げられた
多くのブロックチェーン・ジャーナリストがルビーニ教授にブテリン氏との討論を行うよう強く求めていた
ローラ・シン氏はこの流れを受けて、彼ら2人に対し、自分の番組への出演を打診

Shin氏は、フォーブスの元編集者です。
最近、仮想通貨関連のポッドキャスト番組「Unchained」を立ち上げ、10万2千人のツイッター・フォロワーがいるインフルエンサーでもあります。

このShin氏について、Roubini教授は次のようにバッサリ▼

BitmexCEOヘイズ氏「自社が制作費を持つからライブ討論しない?」と申出

そんな中、仮想通貨取引所BitmexのCEOであるアーサー・ヘイズ氏からTwitterで呼びかけが▼

「Vitalikとの議論がライブでできるならうれしい。我々二人が同意できるフェアなモデレーターがいるならいい。ただし、偏見をもった、見せかけの先走ったジャーナリストはごめんだ。仮想通貨業界をPRするような刃部つ以外でなければだめだ。Laura Shinとやり取りする気はない」

「偏見を持った、見せかけのお先っ走りジャーナリスト」ではないモデレーターに自分とブテリン氏が合意したならば、ライブ討論に喜んで参加する

「そうするなら、Kevin Phamさんをモデレーターに指名したい」

「討論形式の直接対決がニューヨークかロンドンで行われるなら、BitMEXは喜んで一切の制作費用を負担するつもりだ。興味があればぜひDMを」

今後の予定は未定、流れる可能性も

ただ、Pham氏からの返信は特段ありません。ライブがあるとしても、いまだ場所も日程も決まっていません。

さらに、この話自体がお流れになる可能性もあります。

というのも、Roubini教授はすでにイーサリアムの共同創業者であり、現コンセンシスのCEOのジョゼフ・ルービン氏との対談を行っています。
ここでの対談も完全に平行線で終わっているからです。

VitalikとRoubini教授の対談は非常に気になるところですが、、、行方はどうなることでしょうね。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

関連するまとめ

ブロックチェーンカンファレンス「Node Tokyo」(11月19日~20日開催)に…

11月19日~20日に日比谷で開催されるブロックチェーン・カンファレンス「Node Tokyo」が注目されて…

鈴木まゆ子 / 665 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。