Binanceが4通貨の上場廃止を発表

世界最大の取引所Binanceは公式ブログにて、「ユーザーの利益を保護するために」、以下4つの通貨を上場廃止(ディリストする)すると発表した。
・Bytecoin(BCN)
・ChatCoin(CHAT)
・Iconomi(ICN)
・Trigger(TRIG)
Binanceにて、上記4通貨が出金・取引停止される時間:日本時間2018年10月12日 19:00

さらに、今回の上場廃止するいくつかの要素(理由)に関して、以下のようにリストアップしてある。
・プロジェクトへのコミットメント
・開発アクティビティの質量とレベル
・ネットワーク/スマートコントラクトの安定性
・パブリックコミュニケーションとアクティビティのレベル
・Binance側の定期的デューディリジェンスに応答する速さ
・非道徳なアクティビティに関する証拠/不正行為
・健全かつ持続可能な暗号エコシステムへの貢献度
バイトコインを含む4つの仮想通貨の取扱いを停止した理由について、バイナンスは詳説していないが、同取引所の「クオリティ基準」に満たなくなったからだとしている。

ユーザー保護のため、バイナンスでは包括的かつ定期的に上場しているデジタル資産(仮想通貨)の見直しを行っている。これら仮想通貨プロジェクトが高いクオリティ基準を保っていることを確認するためだ。コインやトークンがこのクオリティ基準に達しなかった場合、さらなる見直し及び上場撤廃も検討する。

相場への影響

Binanceは、現在の仮想通貨市場において、出来高のランキングで常に1位、2位に位置する取引所であるために、上場廃止による流動性減少懸念とその価格への影響は極めて大きいと言える。

上場廃止の発表を受け下落に転じた各通貨の相場状況(Binance 17時時点)は以下の通りだ。

Triggers (TRIG)

上場廃止から大きなナイアガラを受け20%近い下落を記録。直近の高値からは30%安の価格まで急落した。

Bytecoin (BCN)

Bytecoinは、前日比で14.2%安、直近の高値からは18%安の価格まで急落。価格単位が10サトシ単位となるため、今後の下落への影響がより高い%になる可能性が懸念される。
時価総額ベースで第30位の仮想通貨バイトコイン(Bytecoin, BCN)が日本時間で9日夕方、大手仮想通貨取引所バイナンス(Binance)による上場廃止の発表をうけ、20%以上暴落した。
バイナンスは今年5月にバイトコインの取扱いを開始。以後、同仮想通貨の取引はその60%がバイナンスに集中していた。現在、バイナンス以外ではPoloniexやHitBTC等で売買されている。

現在、同コインの時価総額は約371億円。これが1月のピーク時には3400億円まで膨らんでいたというから驚きだ。

ChatCoin (CHAT)

ChatCoinは、他の2通貨と比較すると前日比8%安と下落幅は小さいが、以前下落の影響は確認されている。

Iconomi (ICN)

Iconomiも17時時点では5.4%安と、4通貨では最も低い下落率になった。

世界最大の取引所Binanceは公式ブログ にて、ユーザーの利益を保護などを理由に、4つの仮想通貨(Bytecoin、ChatCoin、Iconomi、Triggers)を上場廃止と発表しました。

上場が廃止されると、バイナンスで売買することができなくなります。そのため、この発表を受けて4つの仮想通貨は大幅な下落を見せています
(゚∀゚ ;)タ

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

関連するキーワード

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです