GMO、2019年に独自ステイブルコイン発行予定

取引所も運営しているものの、マイニングビジネスでの知名度が高いGMO。

そのGMOが、最近Twitterで話題のステイブルコイン(価格安定型仮想通貨)の発行を計画しているとのことです。

名前は「GMO Japanese Yen(GJY)」。
対象地域はアジア、海外における統一ブランドである「Z.com」を通じて発行するとのことです。
発行予定は2019年とされています。

「1年前から構想を練っていた」とするGMO代表の熊谷氏。
同氏は「テザー(USDT)の日本円版にしたい」とも言っています。

「仮想通貨は『金(ゴールド)』ではあることは間違いない。『通貨』なのかはわからない」と言っていた熊谷氏。
その「通貨なのかどうかはわからない」理由の一つは仮想通貨のボラティリティ(価格変動)の高さにありました。

昨日3万円だったものが今日になって2万5000円になってしまうようなものを、「これは決済手段だ」と言われても使いたいと思う人はほとんどいないでしょう。

損をしたくないのと同時に、不安だからです。

しかし、ステイブルコインに対する熊谷氏の評価は、他の仮想通貨と異なります。▼

貝から始まった通貨が、金になり、紙幣になり、プラスチックカードへと進化してきた。

カレンシーボード制の採用

今回発表されたGMOのステイブルコインでは、日本円に担保された法定通貨担保型(円ペッグ通貨)。
カレンシーボード制を検討しているとされています。

カレンシーボード制とは

為替政策の一つ。発行する「円ペッグ通貨」と同等の日本円を保有し、価値を担保すること。

熊谷代表が表現の一つとして使ったテザー社発行のステイブルコインであるテザー(USDT)は、この裏付けとなる米ドルがあるのかどうかで一時疑惑がもたれました。

複数の取引所に上場予定

発行地域については、各国の規制があるため検討段階としつつ、▼

Z.comを既に展開している国でやるか、あるいは新しい国でやるか、そこはまだ検討課題だ

海外の複数の取引所に上場させたいとしています。

いくつかの世界の大きい取引所に上場させることは可能だろう。

…(海外のエクスチェンジとの交渉は)これからだが、私たちの事業の実績を見てもらえば、きちんと対応してもらえるのではないかと思っている

GMO熊谷代表「ステイブルコインは世界の金融インフラの可能性を秘める」

ステイブルコインの今後の可能性について、熊谷代表は次のように述べています。

(ステイブルコインは)途上国の多くを悩ませるインフレによる通貨の無価値化を改善する策

関連するまとめ

「中国ICO禁止は一時的」|レギュレーション整備後、再開の見通しがつく

先日、中国ICOが禁止になったというニュースが流れました。これを受けて一時ビットコインなど主要仮想通貨の価格…

鈴木まゆ子 / 6790 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。