仮想通貨の有名情報サイト「コインマーケットキャップ」のランキングに掲載されるアクティブな仮想通貨やトークンの数が28日、2000種を超えた。
同サイトに掲載されている仮想通貨の数の年初からの増加数は600以上となっている。

この数字を見て、本当に仮想通貨市場はもう終わりなのでしょうか。
価格の低迷はあるものの、逆に正しい数値に近づいているとするならば、
安定時期に入るまでのひと騒動時期なのかもしれません。

仮想通貨「9月29日ドミナンス」

※ボリュームの数字は時間により
変動する可能性がございますことをご承知おきください。

【通貨上位10種類の市場占有率(マーケットシェア)※時価総額】

ビットコイン51.67%→52.08%
イーサリアム10.71%→10.35%
ビットコインキャッシュ3.73%→4.20%
ライトコイン1.53%→1.63%
リップル10,61%→9.77%
ダッシュ0.76%→0.71%
ネム0.39%→0.39%
モネロ0.89%→0.86%
アイオタ0.74%→0.72%
ネオ0.55%→0.56%
他18.43%→18.74%

仮想通貨「9月29日ランキング」

※順位も価格も時間により変動いたしますため、
最新から動いている可能性がございますことをご承知おきください

仮想通貨ビットコイン(BTC/USD)

複数の専門家はまた、ビットコインが今年の最終四半期にラリーする可能性があると言っている。
機関投資家が参入したら、ラリーは弾みをつけるかもしれない。
BTC / USDペアが6930ドルを超えた後、上昇への次の動きが始まるだろう。
下降局面では、サポートは6583.46ドルと6341ドルにある。これらのサポートを下抜けた場合、5900〜6075ドルのクリティカルサポートゾーンを再び試すかもしれない。

仮想通貨イーサリアム(ETH/USD)

価格は低迷しているものの、
200ドルを超えたとこでキープしているといえるのか。
現在執筆時は$217.71

ETH / USDペアが50日間SMAを上抜けた場合、322ドルへのラリーが予想される。積極的なトレーダーは、255ドル以上を上抜けた時、この取引を試みても良いだろう。
下降局面では、サポートは200ドルと192.5ドルだ。9月12日の安値167.32ドルを下回った場合、下降トレンドは再開する見込みだ。

仮想通貨リップル(XRP / USD)

リップルは過去数日間、0.45ドルから0.58ドルの間で取引されている。このような動きの後、コンソリデーションが期待される。

執筆時価格$0.532717

関連するまとめ

仮想通貨ランキング2018.5.27|BTC・ETH・XRP・BCH・EOS・ADA…

本日の仮想通貨まとめランキング(5月27日)は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(X…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 12953 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。