仮想通貨Ethereum(イーサリアム)の話題がいくつも流れてきました。
まとめてご紹介いたしますね

仮想通貨イーサリアムは……まもなく「復活」予測

長きにわたり低迷し、ここまで値を下げたのは
初めてではないかというほどの下落が続いたイーサリアム。
ようやく復活の兆しが見えてきたのでしょうか。

米調査会社ファンドストラット代表のトム・リー氏は、イーサリアム(ETH)の上昇がまもなく始まるだろうという予想を顧客向けのメモの中で明かした。

トムリー氏といえば、仮想通貨ビットコインに対して、
ずっと強気の発言を繰り返してきた人物です。
その彼が、今度はイーサについて口火を切ったことに注目でしょうか。

イーサリアムは年初来で70%以上下がっていて、他の多くの仮想通貨に対してもパフォーマンスが良くない。

当サイトでも過去取り上げてきた通り、
ICO関係で資金調達として使用されたイーサを売却されてきている話や、
イーサリアムの価値がなくなると発言されてもきました。
最近では、

分散型アプリのユーザー数をめぐってもEOSと激しい競争を繰り広げている。

しかし、最近になって、反するプラスとなる少数意見もではじめてきたところでした。また、彼もまたイーサリアムについて負を強調したわけではありません。

ただ、リー氏は「イーサリアムはまもなくトレンド転換し、力強く上昇すると信じている」とし、次のように述べた。
「現在の市場心理はイーサリアムに対して過剰に悲観し過ぎている」
現在、他の仮想通貨より2標準偏差ほど引き離されているものの、過去に同じくらいパフォーマンスが悪かった4回のうち4回ともで「大きなトレンド転換」があったという。

それでけでは、一般ユーザーには判断する材料が乏しいかもしれません。
他に何か具体的な好転するきっかけがあるのでしょうか。

オーストリアが仮想通貨イーサリアムの「ネットワーク活用」国債発行へ

オーストリア政府は、イーサリアム(ETH)のパブリック・ブロックチェーンを使用して、来週開催されるオークションで、11億5000万ユーロ(約1517億円)の国債を発行する計画だ。
昨年の保有資産が260億ドル(約2兆9500億円)だったオーストリア最大の銀行の1つであるオーストリア輸出銀行(OeKB)は、ブロックチェーンを使ったライブ公証サービスを運営している。

オークション(10月2日予定)中に、
オーストリア財務省(OeBFA)に代わって同行が債券を発行するといいます。

テストは既に成功済みだとし、
今回のブロックチェーンに基づく公証サービスは、
オーストリアの連邦債券オークションで
初めて使用される事例だと伝えています。

ブロックチェーン技術は経済政策の焦点であり、

「財務省のフィンテック諮問委員会を設置することにより、オーストリアがこれらの開発から最適な利益を得るための戦略を策定している」

ブロックチェーン技術を利用することにより、
セキュリティとコスト削減にも利点があることを述べ、

「このようなセキュリティの強化は、オーストリア国債のオークションプロセスにおける高い自信を達成し、市場におけるオーストリアの良好な地位を強化するのに貢献する。

関連するまとめ

ル イーサリアム(ETH)が60倍まで高騰、時価総額1000億円突破!!

イーサリアム(ETH)がクラウドセール時より60倍まで高騰した。 ライトコイン、リップルを一気に追い抜き、時…

りみりみ / 3617 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。