アルゼンチンの通貨危機が止まらない

アルゼンチンで通貨危機が止まりません。
法定通貨ペソの価値は下落する一方。今年になり、対ドルで40%以上価格が下落しました。

同時にインフレも進行。インフレ率は8月で30%超、9月で40%超に至りました。

通貨防衛のため、中央銀行は政策金利を60%に引き上げ。

これにより、企業のアルゼンチンからの資本引き上げに拍車がかかりました。

最近6か月間に外国に流出された資金は166億7600万ドル(1兆8300億円)
2015年12月からの流出した凡そ340億ドル(3兆7400億円)を加算すると500億ドル(5兆5000億円)

この500億ドルは、アルゼンチンがIMFと合意した融資枠の金額に相当します。
つまり、出ていったお金と同額の金額を借りる羽目になったわけです。

また、当然、高い金利は国内に残った企業の経済活動に悪影響をもたらします▼

企業取引で支払満期に資金不足で未払いとなった率は7割上昇し、その未払い総額は67億7200ペソ(250億円)になる

アルゼンチン・フォルクスワーゲンのエルナン・バスケス社長は、政策金利が50%になったとき、次のように述べたといいます。

「50%に至るこの高い金利では、如何なる産業もビジネスも成り立つことはできない」

市民の生活にも打撃

企業活動の悪化、インフレの進行は市民の生活にも影響▼

給与の上昇率よりも、インフレの上昇率が常に上回り、購買力がそれに追いつかず消費は冷え込んでいる。

2015年12月に大統領に就任したマクリ氏。
前大統領であるフェルナンデス氏のベネズエラ追随と40%のインフレと外貨不足による景気後退を改善してくれるという期待を一身に受けていました。

しかし、ふたを開けると前政権と大して変わらない政策に。

国民からは失望の声が聞こえてきます。

通貨安懸念からビットコイン取引が急増

通貨不安とインフレ懸念から、アルゼンチンではビットコインを中心に仮想通貨取引が急増しています。

他のマーケットでビットコインは6000ドル以下で取引されているのに対し、アルゼンチンとベネズエラにおけるマーケットでのビットコイン価格は約6,556.89ドルで動いています

Bitcoin markets in Both Argentina and Venezuela perform around $6,556.89 while the prices in the rest of the markets seem to be below $6,000.

毎週の取引量はほぼ700万ドルに増加している

The weekly trading volumes have escalated to almost $7 million.

この取引にはP2Pの相対取引とローカルビットコインの2つの取引プラットフォームを含んでいる

Inclusive of two trading platforms, Peer to Peer Exchange (P2P) and Localbitcoins.

仮想通貨ATMも次々設置

ビットコイン取引が過熱しているのは相対取引などだけではありません。
ATMの設置もその取引熱に拍車をかけています。

仮想通貨関連企業はまた、コンビニエンスストア周辺に8000台のビットコインATMを設置した

Crypto companies have also established 8,000 BTC pay stations around convenience stores.

ブエノスアイレスのモールでは、最初のBitcoin ATMの稼動が確認されました。
このATMは航空会社のモールで設立される12台のATMのうち最初のものだと言われています。

Buenos Aires Mall confirmed the operation of its first Bitcoin ATM. The ATM is said to be the first of 12 that will be established at the airline mall.

アルゼンチン政府は「仮想通貨規制を緩和」

関連するまとめ

FinTech活用! 三井住友銀行アプリ決済で開拓|NECとスマホコンビニ収納2兆円…

フィンテック(FinTech)活用で仮想通貨の時代を邁進していきます。三井住友銀行はアジアでモバイル決済アプ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9047 view

関連するキーワード

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。