韓国最大手な仮想通貨取引所Upbitがシンガポールに拠点

韓国の大手取引所Upbitおよび親会社のDunamuが、Upbitシンガポールの立ち上げを正式発表した。同社幹部は「仮想通貨界で韓国とシンガポールの架け橋になりたい」と意気込みを述べている。韓国ではブロックチェーン規制ガイドラインの成立が近いと見られるが、いまだ不透明な状況は続く。Upbitは仮想通貨規制に比較的寛容なシンガポールをグローバル進出の足場にしたい考えだ。
Upbitシンガポールのアレックス・キムCEOの公式発表、および同社ブログによると、シンガポール在住の利用者はUpbitのパートナー取引所であるBittrexと連携して、全ての通貨を取引出来るようになります。

2018年10月より本格稼働の予定です。取引は24時間365日のセキュリティ監視とファイアウォールにより守られるとのこと。

シンガポールの仮想通貨取引所事情

数年に渡って、仮想通貨関連ビジネスに対して恵まれた規制状況があるにもかかわらず、シンガポールはマルタ、スイス、韓国、そして日本といった国々に市場成長の点で遅れをとっていました。

端的に言って、シンガポールでの仮想通貨取引量はなかなか驚異的な成長を見ることはありませんでした。
キムCEOは、以前からシンガポールをブロックチェーン技術や仮想通貨関連ビジネスを大きく容認してきた国であり、今後も同国の仮想通貨取引所には、ブロックチェーン分野で様々なビジネスやプロジェクトを追求する機会がもたらされるだろうと見ています。

シンガポール副首相「仮想通貨取引を禁止するほどの理由はない」

中央銀行による仮想通貨とその取引についての研究の末、シンガポール副首相が国民間の仮想通貨取引を禁止する理由がないことを強調しました。
「シンガポール金融管理局(シンガポールの中央銀行=MAS)はこれらの開発と危険性を厳重に研究してきました。今現在、仮想通貨取引を禁止するほどの理由はありません。しかし、仲介者として関わっているものにはマネーロンダリング規制法に従ってもらいます。」

Binanceもシンガポールの立ち上げを発表

シンガポールで開かれている仮想通貨業界イベント『CumberlandSays』(9月14日~16日)に登壇している、世界最大級の仮想通貨取引所BinanceのCEOを務めるCZ氏は、本日公式ツイッターにてこのようにBinanceにおける大きな事業計画を明かした。

韓国の大手取引所Upbitおよび親会社のDunamuが、Upbitシンガポールの立ち上げを発表しました。韓国ではブロックチェーン規制ガイドラインの成立が近いと見られていますが、いまだ不透明な状況は続いています。

シンガポールでは、今年の2月にシンガポール副首相が、中央銀行による仮想通貨とその取引についての研究の末、国民間の仮想通貨取引を禁止する理由がないことを強調しました。

Binanceに続き、Upbitも仮想通貨規制に寛容なシンガポールをグローバル進出の足場にすることを考えているようです ( ‘-^ )b

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです