ブロックチェーン技術が金融貿易に及ぼす影響

世界経済フォーラムとベイン・アンド・カンパニーの試算

世界経済フォーラム(WEF)は13日発表した共同レポートで、ブロックチェーンなどの分散型台帳技術(DLT)はトレードファイナンス(貿易金融)の分野で今後10年間で1兆ドル(111兆円)を創出できると結論づけた。
世界経済フォーラムは、コンサルティング会社のベイン・アンド・カンパニー(以下ベイン)協力のもと、 貿易・サプライチェーンが享受するブロックチェーンの恩恵についてレポートをまとめました。
レポートは、ベイン&カンパニーと共同で発行した『トレード・テック - 貿易とサプライチェーン・ファイナンスの新時代』というタイトルのレポートで、世界の貿易金融分野における分散型台帳技術の見通しについて評価。「分散型台帳やその他の技術革新によって、コスト削減や使い勝手が向上し、貿易とサプライチェーン・ファイナンスが画期的に進歩することは確かだ」と前書きで述べている。
WEFのレポートでは政府機関についても言及し、欧州連合(EU)などの組織でさえ、分散型台帳技術の採用は事実上避けられないと指摘。「クロスボーダーの食糧輸入など、将来を考慮した規制事項の一環として、分散型元帳技術を組み込むべきだ」と結論づけている。

アジア開発銀行の試算

アジア開発銀行の調査によれば、現在の貿易資金力格差は1.5兆ドル(約168兆円)にも及び、世界の貿易取引のおよそ10%の大きさとされています。そして、この状況が解決しなければ、この資金力格差は、2025年までに2.4兆ドル(約268兆円)に達するとベインは試算しています。

ブロックチェーンがアジアの貿易を変革する

世界経済フォーラムとベインの試算によれば、分散型台帳などブロックチェーン技術の台頭により、 概して1.1兆ドル(約123兆円)もの貿易額増加が望めるとのことです。分散型台帳テクノロジーの恩恵にあずかるのは、特にアジア地域と強調されます。 なぜなら、輸出入に関わる書類プロセスの75%は、アジア発着の貿易手続きで発生しているのです。
今日も貿易企業は、時代遅れな紙ベースのマニュアル手続きに煩わされており、これこそがリアルタイムでの情報収集やトラッキングといった、融資決定における重要材料収集の前に立ちはだかっている壁なのです。

世界経済フォーラムは分析を通して、ブロックチェーンこそが障壁を打破する技術であると述べています。
分散型台帳などの技術は、コスト削減と利便性の向上により、貿易・サプライチェーンのファイナンスに革命的な進歩をもたらすと言います。

香港や中国本土、シンガポールなど、東アジア地域におけるブロックチェーンを活用した貿易ファイナンスプロジェクトのローンチが続いています。

世界経済フォーラムとベインの試算によると、分散型台帳などブロックチェーン技術の台頭により、 概して1.1兆ドル(約123兆円)もの貿易額増加が望めることが報告されました。

特に東アジアの貿易で大きな影響を与えられると考えられています。輸出入に関わる書類プロセスの75%が、アジア発着の貿易手続きで発生しているからです。

分散型台帳などの技術は、コスト削減と利便性の向上により、貿易・サプライチェーンのファイナンスに革命的な進歩をもたらすことが期待されています  +。:.゚(๑>◡╹๑)

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

関連するキーワード

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです