世界第二位の人気スポーツであるサッカーでは、すでにブロックチェーンを活用したさまざまな試みがなされています。

▼サッカー×ブロックチェーンに関する過去記事▼

このスポーツにブロックチェーンを導入しようという動きはサッカーのみならず、野球でも行われています。

米メジャーリーグ・ドジャースでキャラクターを”トークン化”

アメリカのメジャーリーグのドジャースが、球団公式ブログ「ドジャー・インサイダー」で、9月21日、 パドレス戦の日に、仮想通貨を基盤とした選手キャラクター・トークンを無料配布することを発表しました。

ファンは、Clayton Kershaw、Justin TurnerまたはKenley Jansen Cryptoトークンをダウンロードする機会を得ます。

Fans will have the opportunity to download a Clayton Kershaw, Justin Turner or Kenley Jansen Crypto token.

トークンを手にするプロセスはこんな感じ▼

チケットを持って試合に訪れたファンのうち、先着4万人に固有のコードが記されたカードがプレゼントされる
この固有のコードで、ブロックを解除し、イーサリアムのウォレットへと転送できる
どの選手のキャラクターのトークンがもらえるかは、ランダムに選択され、カーショウまたはターナー、ジェンセンのコードが、ほぼ同じ割合で配布される。

「ドジャース」と聞くと、かつて、日本の野茂投手が同チームで活躍したことを思い出します(といっても若い世代はわかんないかも。。。)

野球の世界も、これまで以上にファンと選手のつながりを強化したり、裾野を広げる努力がなされているようです。

ドジャースのロン・ローゼンCMO(チーフマーケティングオフィサー)兼執行副社長は、今回初の試みに、次のようにコメントしています。

初めての仮想通貨の無料配布に興奮しており、我々のファン層にまったく新しい市場を開拓できるのではないかとワクワクしています

“We’re excited for our first-ever Crypto giveaway, and to explore an entirely new marketplace with our fanbase,”

今回の試みはドジャースのファンの関心を掻き立て、デジタルグッズやプロモーションの新しい時代を作り出す一助になるのではないかと期待しています。

“We hope this piques the interest of Dodger fans, and will help launch a new age of digital collectibles and promotions.”

野球×ブロックチェーンも着々と進む

野球の世界でもブロックチェーンの活用が進んでいるようです。

今年の夏の甲子園では、勝敗予想がブロックチェーンで行えるという試みがなされました。当たるとトークンがもらえる仕組み▼

米メジャーリーグでファン層拡大のためブロックチェーン活用が進む

また今回お伝えしたのはメジャーリーグの1チームのブロックチェーンに関する試みですが、メジャーリーグそのものもすでに似たようなチャレンジを行っています。

メジャーリーグベースボール選手会(MLBPA)は、スタートアップ企業である「Player Tokens(プレイヤートークン)」と協力し、イーサリアムのブロックチェーン技術を活用した野球選手のトレーディングトークンサービスを先月開始しました。

Player Tokensは、イーサリアム(ETH)のブロックチェーン技術を活用して、ユニークな記念品を多くの野球ファンに提供します。

ただし無料ではありません。販売価格は、5.99〜8.49ドル(約660〜935円)となっており、希少性の異なる3つのパックとして販売されています。

トークングッズにもランキングがあり、▼

関連するまとめ

NYSEトレーダー「仮想通貨が”通貨として”危うい」3つの理由|ウォール街の仮想通貨…

先日、ニューヨーク証券取引所の親会社ICEの仮想通貨ビジネス参入の話題で沸き立ちましたが、そのニューヨーク証…

鈴木まゆ子 / 1997 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。