イーサリアム(ETH)ダダ下がり、1週間で20%以上下落

イーサリアム(ETH)の価格が暴落しています。

仮想通貨取引所大手のビットフィネックスで7日、イーサリアム(ETH)の売り注文が過去最高を記録しました。

イーサリアムの価格は過去1週間で20%以上下落しています。

「ETH/米ドルのショート(ビットフィネックス)が正式に過去最高を更新した
以前の過去最高:202854.7531
現在の水準:208123.1093」
売り注文は過去1週間で81.96%、8月中旬頃の水準と比べると162%増加した

基本的に売り注文の増加は弱気相場のサインですが、ショートスクイズが今後起きる可能性もあります。

ショートスクイズとは

ショートスクイズ(ショートスクウィーズ)は、マーケット(市場)が売り持ち(ショートポジション)に傾いている時に、大きく買いを仕掛けることで、相場を高めに誘導すること
ショート筋のポジションを損切らせようと買い上げる、短期のトレーディングスタイルで、意図的に買いをぶつけて、売り方を締め上げて収益を狙うこと
実際にショートポジションが積み上がってくると、一方でそれを崩そうという動きが自然に出てくることが多い

ただ、もしこういった動きが起きないとしたら、「ホントの弱気相場」と考えてよいかもしれません。

原因は両替サービスの方針転換?ICO売り?

このイーサ売りに関しては、以前ICO売りが原因では、ということがもっぱら言われていました。

その一方、仮想通貨両替サービスのシェイプシフトによる方針転換が原因では、という見方も出てきています。

5日に仮想通貨両替サービスを手がけるシェイプシフトが運営上の方針を転換した。
シェイプシフトは匿名のピアツーピア(P2P)取引が特徴で、登録せずにアルトコインをビットコイン両替することやその逆の取引が可能だったが、この方針を変更してトレーダーに対してメンバー登録を義務付けた

これにより、匿名取引を好むトレーダーがアルトコインを売るようになったのでは、と言われています。
ただし、言われるようになったのはゴールドマンサックスのトレーディングデスク中止の報道が流れた時。

なおかつ、アルトコイン”だけ”を売るとしても、ゴールドマンサックスのトレーディングデスクで取りざたされていたのはBTCのはずですから、話の整合性が取れません。

かつ、仮想通貨を好むトレーダーならば、別の手段(相対取引など)で仮想通貨ペアなどを狙えばいい話です。

したがって、このシェイプシフトの方針転換による影響力は小さいのではないか、と筆者は考えます。

Market Hack編集長「イーサのダダ下がりはICOのプロモーター売り」

金融市場と長年かかわってきたMarket Hack編集長の広瀬隆雄さんは、「イーサは穴の開いたバケツ」と称し、その価格下落をICOのプロモーターによる売りが原因だとしています。

イーサリアムは仮想通貨ということに加えて「Apple Ⅱ」みたいな「汎用コンピュータ」の性格を持っています。

だからこそ、ブロックチェーン関連プロジェクトや新たな仮想通貨の基盤システムにETHが使われるわけです

だからイーサリアムの「汎用コンピュータ」としての機能を利用し、様々なサービスないしアプリを開発してやろう!……そういう試みが、つまりICOです。
そうやって創造されたサービスを駆動する燃料となるのが、ICOのトークン

このICOを実現し、利益を得るべく投資家はプロモーターにETHを送ります。
そしてトークンをゲット。

ここまではいいとして、じゃあプロモーターはETHを手元に持ったままかとういうとそうではありません。ドルやユーロなどの法定通貨に換算します。

世の中はどうあがこうと法定通貨で動いています。
開発に必要な部品も法定通貨で買うのが普通です。

したがって法定通貨に換えないと開発が進みません。

ただ、ここで昨今の流れから「よけいに」ETHを売ろうと考えても仕方がないのです。

関連するまとめ

現金が絶滅の危機!|現代に欠落しているものを仮想通貨がプッシュ型で代用

「現金は“絶滅の危機”に瀕している」と聞くとどう思うでしょうか?数千年という長きに渡り「要」となってきた現金…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 6368 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。