中国のアリペイが仮想通貨のアカウントをブロッキング

中国のモバイル決済アプリ「アリペイ(支付宝)」がアリペイ口座をビットコインの相対(OTC)取引に利用するユーザーに対して強硬姿勢をとっている。ウェブサイト「北京ニュース」が動向を伝えている。

北京ニュースによると、アリペイは現在、同アプリのネットワークをビットコインの相対取引に利用するアカウントを制限、さらには永久ブロックまで行う措置を講じるとともに、「主なウェブサイトとアカウント」に対する調査システムも設置している。
中国の仮想通貨コミュニティ「8BTC」の共同創設者であるレッド・リー氏はアリペイによる発表のスクリーンショットをアップロードしながら、「アリペイ(#alipay)がビットコインOTC取引に関与するアカウントをブロックしている」とツイートした。

アリペイとは?

圧倒的な人気を誇るアリペイはアリババグループ関連会社のアント・フィナンシャルが運営しており、17年8月時点でのユーザー数は4億人を数えている。同社は先日、その評価額が1500億ドルにまで達した。

中国での取締りが強化

中国当局が今年1月に実施したばかりの取り締まりでは特にピアツーピア(P2P)やOTCなどの方式による取引プラットフォームが禁止された。これは17年9月から実施されている仮想通貨と法定通貨間の取引やイニシャル・コイン・オファリング(ICO)に対する包括的禁止に追加する形だ。
今週、北京市朝陽区における全ての商業会場で仮想通貨関連イベントの開催を禁止された。
中国インターネット大手のテンセント社の報道によれば、”北京市朝陽区金融社会リスク防止工作指導グループ”という地元政府機関が、8月17日に”仮想通貨に関するプロモーションイベントを禁止する通知”にて、全てのオフィス建物、ホテル及びショッピングモールにおける仮想通貨関連イベントを行うことを全て禁じたという。

ウィーチャット(WeChat)の仮想通貨関連のアカウント停止

また中国の主要ソーシャルメディアプラットフォーム「ウィーチャット(微信)」は21日、今月に入ってから導入された規則に違反して仮想通貨の「誇大広告」を出した疑いのある仮想通貨およびブロックチェーン関連アカウント多数を永久ブロックした。
中国のインターネットサービス大手テンセント(騰訊)が運営するSNSのウィーチャット(WeChat)が仮想通貨とブロックチェーン関連のアカウントを停止させた。コインテレグラフ日本版が仮想通貨取引所関係者に取材をしたところ、7月に勃発した米中貿易戦争への対応が背景にある可能性が浮上。中国の規制当局は、ビットコインや仮想通貨を使った中国からの資金流出に対して警戒しているという。

中国のモバイル決済アプリ「アリペイ」がアリペイ口座をビットコインの相対(OTC)取引に利用するユーザーに対して強硬姿勢をとり、ビットコインの相対取引に利用するアカウントを制限、永久ブロックまで行う措置を講じていることが明らかになりました。

中国では先週も、仮想通貨関連イベントの開催の禁止やウィーチャット(WeChat)での仮想通貨関連のアカウント停止が明らかになりました。規制が強まっています・・・(」・ω・)」

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです