その報道の真偽はわかりませんが、
「火の無いところには煙は立たぬ」でしょうか。

いくつか上げられる報告から、
“Fasebook(フェイスブック)”で
何かがおこっているということだけは
間違いないであろうと言われています。

Facebook(フェイスブック)と仮想通貨ステラが「提携」噂

時価総額6位の仮想通貨ステラ(XLM)との提携が報じられていたフェイスブックは10日、
オンラインメディアのチェダーに対して「そのような話はない」と否定した。

約3ヶ月前、Facebookがブロックチェーンの研究チームの
立ち上げを発表してから、
何を行うのかが注目されていました。

フェイスブックとステラの提携を報じたのはビジネスインサイダー。

それが、この記事(Business Insider)▼

フェイスブックのブロックチェーン研究チームがステラの関係者に会って、
ステラの分散型台帳技術を使ってフェイスブックが決済記録を残す方法などについて協議し、実際にステラのメインネットワークをフォーク(分裂)させることまで話したと伝えた。
ある関係者は、フェイスブックが決済システムで大手銀行より競争力を高めたいならブロックチェーン技術を使うしかない、と述べたという。

また非公開の情報筋からの報告も取り上げられており、

Facebookが急速にブロックチェーン部門を拡大しているとも報告しています。

一方、チェダーはこの報道を否定するコメントをフェイスブックの広報から得たと報じた。

▼▼▼

「我々はステラとのどんな協議にも応じていなし、彼らのテクノロジーを使うことも検討していない」

仮に否定が正しいとして、なぜ憶測が走ったのかは、
Facebookのプロジェクトリーダーで、
元メッセンジャーの前任者
David Marcusが、Coinbaseの取締役会から
辞任すると発表したことも関係している様子。

辞任するということは、
Facebookがその暗号通貨の計画について、
大きな発表をする準備を進めているという
憶測につながったと伝えられています。

Earlier this year, financial news outlet Cheddar reported that multiple sources had said that Facebook is “specifically interested in creating its own digital token, which would allow its more than two billion users to facilitate transactions without government-backed currency.”

また今年の初めには、Facebookが
「独自のデジタルトークンを作成することに特に関心があり、
20億人以上のユーザーが政府支援の通貨なしで、
取引を円滑に進めることができる」という記事を報じています。

関連するまとめ

仮想通貨を地方にも広める重要性|「見直す地域通貨歴史」お金も減価償却

情報と言えば東京が中心ですが、最近は仮想通貨を「地方にも広める重要性がある」と言われています。なぜ?紛争や環…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4698 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。