Bitmain、仮想通貨マイニングできる”Wi-fiルーター”発表|2種類のアルトコイン採掘OK、日本円で6400円前後 | 仮想通貨まとめ

仮想通貨マイニング機器の大手製造メーカー、Bitmain(ビットメイン)。

こちらは大規模マイニング機器ばかりを産出するものと思われていましたが、、、どうやら、リテール(小口)向けも市場として視野に入れている模様です。

先日、自宅でもマイニングOKなWifiルーターを発表しました。

中国最大のマイニングメーカーであるBitmain社が、インターネット接続間に仮想通貨をマイニング出来るWi-Fiルーターの提供開始の発表を行なった。
Antrouter R3-DASHとAntrouter R3-SIAと呼ばれるデバイスは、Dash (DASH)とSiacoin (SC)をマイニング出来るよう設計されている。
これらのWi-Fiルーターは、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)で購入可能で、58ドル(約6400円)とのこと。

さすがにもうBTCやETHのようなメジャーコインは家庭用機器でマイニングできないですよね。(;^_^A

ただ、DASHならマイニングしてみたいな~という人にはお手頃かもしれませんね。値段も高くありませんし。

カナンに対抗?マイニング機器も”リテール(小口)”の時代に突入か

このビットメイン社の戦略、もしかしたら先日マイニングOKなTVを発表した競合他社のカナン・クリエイティブを意識してのものかもしれません▼

マイニングも”市場の伸び悩み”?

マイニングも”市場の伸び悩み”?

あるいは、大手マイニングという市場がすでに飽和していることも考えられます。

ビットコインなどのメジャーコインはすでに大規模な設備を整えられるほどの資本力がなければ採掘することは不可能になっています。
企業が相手なら困らないではないか、、と思いがちですが、企業は企業で、「安価で豊富な電力」を求めてのマイニングを行っているため、地理的なリスクを抱えています。

また、途上国などでも生き残る術としてマイニングが盛んになっていますが、それはそれで”政治的リスク”を抱えることになります。

では生き残り戦略として何が考えられるか?


そうなると、今度は「これまでマイニングというものをしてこなかった層への市場開拓」になります。

マイニングという作業は仮想通貨の投資以上にあまり知られていないのが現状です。
「マイニング=仮想通貨という収益」があったとしても、「めんどうくさそう」「コストかかる」というのがイメージとして先に来ます。

ならば「お手軽なところからマイニングを体験してもらって興味を持ってもらうのがよいのではないか」なります。

体感覚でマイニングのメリットを実感したなら、次は”もっと本格的なマイニングを”と、より専門的な機器を購入することになるかもしれません。

マイニング市場も”次”のフェーズへ

マイニング市場も”次”のフェーズへ

概観すると、マイニング市場も”次”のフェーズに来たのだな、と感じます。

電力業界では、企業による発電ではなく、個人というリテールでの発電および売買のマーケットができあがりました。

これと比例して…というわけでもないのでしょうけれど、マイニングも今後はリテールを重視していくことになるのかもしれません。

ちなみに、ルーターはルーターで「勝手にマイニング」の標的になりつつあります。こちらのリスクについてはBitmainも言及はしていないようです。念のため、ご紹介しておきますね▼

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

仮想通貨ビットコイン再び30万円台超え|世界の取引所の「ペア」から確認

仮想通貨ビットコインが30万円台を突破しました!中国の三大取引所が開始されたことが理由なのか、もしかして米国…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 13213 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。