トルコの大学で全国初のブロックチェーン研究センター誕生 | 仮想通貨まとめ

トルコで大学レベルのブロックチェーンセンターを設立

トルコで同国初の大学レベルでのブロックチェーンセンターが誕生した。ブロックチェーン技術の知識格差を解消し、企業や政府とも連携して同技術の幅広い展開を目指す。現地ニュースメディアのデイリー・サバが3日に報じている。
バフチェシェヒル大学にイスタンブール・ブロックチェーン&イノベーションセンターが発足された。センター長であるボラ・エルドマル氏によれば、同センターはブロックチェーン技術の科学研究と情報発信を進め、トルコにおける研究開発とイノベーションの最も重要な役割を目指すという。
今回ブロックチェーンセンターが設立されたのは、BahçeşehirUniversity(BAU)。

そんな同センターの代表Bora(ボラ)氏は、「ブロックチェーンセンターは、トルコにおけるブロックチェーン技術の研究、開発される最も重要な場所になる予定だ。」と明かした。さらに同氏は、「トルコは生活を大きく変える新技術の開発を進め、世界の国を牽引する可能性を秘めている。」と発言した。

企業や政府機関との協力関係も

エルドマル氏は、トルコは人類を変革する技術分野でトップになる可能性があると述べ、さらにセンターはブロックチェーン研究を実施していくほか、ユースケースを検討するために、ほかの教育機関や企業、政府機関と協力していくと述べている。

他大学でも続々とブロックチェーン学科が誕生

今回トルコでは初の試みとなったが、すでに他大学ではブロックチェーンに関する学科が設けられており、世界トップ校のスタンフォード大学は今年、イーサリアムFoundationによって一部サポートされているBlockchain Research Centerを設立した。

またブラジルでも、暗号金融修士号を提供するなど、世界中でブロックチェーンや仮想通貨に関係する事を学べる大学が増えてきているようだ。

企業も大学へ支援

リップル社に関してはブロックチェーンと仮想通貨の教育を支援するために、世界中の17の名門大学に5,000万ドル(約55億6,000万円)にものぼる寄付をしている。

トルコの仮想通貨に対する姿勢とは

トルコの新しい研究センターは、トルコのデジタル経済の推進に大きな努力を払っていると強調しているが、その一方でトルコ政府は仮想通貨業界に対して曖昧な姿勢を示している。
昨年11月、トルコ政府宗教局は、ビットコインとイスラム教徒は相容れないとコメントしたが、今年の2月には、トルコの民族主義行動党が、仮想通貨市場の規制を提案するだけでなく、トルコにおける国家発行デジタル通貨の可能性についても言及している。

トルコの大学でブロックチェーン開発センターが開校されました。他の大学でも、仮想通貨やブロックチェーンのコースや学部を設けている大学は増えてきています。

新しい分野に関心をもっている学生も多いんでしょうか。これからの時代の最先端をいくブロックチェーン、仮想通貨業界と大学がどのような関係を築いていくのか楽しみですね(*^^*)

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです