SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)がサービス開始

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)における仮想通貨交換サービス(VCTRADE)の新規口座開設申込みの受付開始の案内が始まりました。

決算資料によると、「7月17日の新規口座開設申し込みの受付開始は同社ホームページでの告知のみであったが、申込件数は急速に増加。今後はスプレッドの更なる縮小や、テレビCMによるプロモーション等を実施する予定。」との表記があり、新規流入の期待が持てる内容となっています。

取扱予定通貨

2018年6月18日時点での取扱通貨

SBIバーチャルカレンシーズ では、これまで リップル(XRP) と ビットコインキャッシュ(BCH) のみの取り扱いとなっていましたが、本日から新たに ビットコイン(BTC) の取り扱いも開始しています。

現在SBIVCで利用できる取引ペアは次の通りです。
•BTC/JPY
•BCH/JPY
•XRP/JPY
2018年7月末に公開された決算資料では、ETH(イーサリアム)の取り扱い予定があることが記載されています。

独自決済用「Sコイン」も

SBIの決算資料では、地域通貨等の独自決済用コイン発行の基盤となる「Sコインプラットフォーム」をSBIグループで提供するとしており、複数の企業の仕組みを同一プラットフォーム上で展開することができ、決済端末や加盟店網の相互利用・相互送客が可能との記載があり、利便性だけなく汎用性及び拡張性の高さもアピールしました。
参考事例として、以下の2点を挙げています。

Sコインプラットフォーム活用事例
1. スマートフォン上で決済・送金・チャージができるプリペイド型の地域通貨を発行
2. UCカード社員を対象として、お台場のUCカードオフィス内や近隣施設の飲食店等において、「顔認証」または「スタンプ認証」にてキャッシュレスで決済できる仕組み

SBIグループの「SBIVC」の仮想通貨取引所「VCTRADE」が一般にもオープンしました。SBIグループは、金融業界で、すでに強固な顧客基盤を持っており、SBI経済圏を確立しています。

証券やFX、ネット銀行や海外送金など数多くの金融関連事業を展開していることから、既存事業とのシナジーも期待できます。どんな展開があるのか注目です (p*・ω・)p

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです