イギリスの送金業者、世界初”仮想通貨”取り扱いへ|ロシアでも決済サービス会社が”仮想通貨投資銀行”設立 | 仮想通貨まとめ

イギリスの送金業者TransferGo、仮想通貨の取り扱い開始

決済手段としてはなかなか定着しない仮想通貨。

しかし、仮想通貨を取り扱う企業がもし、「送金業務」「決済サービス」を主業務にしているところだったら?

「より早く、より安全な」決済手段としての地位の確立への1歩を踏み出すかも知れません。

イギリスの送金業者TransferGoが仮想通貨の売買を開始しました。送金業者が仮想通貨取引を扱うというのは世界初です。

取り扱う仮想通貨は▼

、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)

TransferGoは2012年創業。以来、登録ユーザー数は60万人を超えています。30の異なる銀行と提携し、世界中の国際送金を円滑に進めています。

CEO兼創業者のダウマンタス・ドビリンスカス氏は次のようにコメントしています▼

「サービス開始後の数時間で、4000人以上のユーザーが登録した。簡素で信頼できる投資や取引のソリューションを求める市場の需要はとても高い」

気になるのは「仮想通貨での送金業務を行うのか」という点ですが、、、

残念なことに、扱うのは”売買”のみになる模様▼

ドビリンスカス氏は同社が仮想通貨送金業務開始ができるだけの準備がまだ整っていないことを明かした。同社は当分、トレーディング業務にとどまるのみだ。ドビリンスカス氏は仮想通貨の将来における重要性を見ており、そのうえで主張した。

「(仮想通貨)はプラットフォームとしてとどまりつづける」

Dvilinskas pointed out that the company isn’t ready to start allowing cryptocurrency remittances yet. The company will only offer the trading desk for now. He sees the importance of crypto for the future and asserted that, “…as a platform, [crypto] is here to stay.”

ロシア最大の決済企業Qiwi、仮想通貨投資銀行設立

決済企業の仮想通貨への興味関心はTransferGoだけではありません。

ロシア最大の決済サービス企業Qiwiの兄弟会社が、先月29日、仮想通貨投資銀行を設立することを発表しました。

 ロシアの大手決済サービス会社、キウィ(Qiwi)の子会社キウィ・ブロックチェーン・テクノロジーズ(QBT)が、仮想通貨投資銀行「HASH」を立ち上げた。
HASHは「古典的な投資銀行モデル」に沿って構築され、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)のプラットフォームを提供する

また仮想通貨投資に特化した国際的ファンドを取り込む計画があるようで、▼

すでに国際的ファンド10社と協業しており、そのうち最大のファンドの売上高はおよそ1億ドル(約111億円)

この他、ライセンスを取得した後、来年から仮想通貨取引所を開設する予定であるとも言っています。

▼Qiwiは先日、あまり名誉じゃないネタでニュースになっていましたが▼

2007年の創業以来、すでにロシア最大手のオンライン決済企業として成長し、ロシアだけでなく、ウクライナ、カザフスタン、ルーマニア、そしてアメリカやアラブ首長国連邦などで業務を行っています。

また、R3・コンソーシアムによる顧客確認(KYC)アプリケーション試験にも参加したとのこと。

この他、日本ではMUFJコインは、仮想通貨というよりもどちらかというと”決済スピードの速い送金手段”としての側面が期待されている模様▼

感想

感想

仮想通貨のバブルははじけた、と昨日お伝えしましたが、、

バブルがはじけたことにより、仮想通貨の”本領”が発揮されるのがこれからなのかもしれません。

決済企業や銀行に限らず、楽天のような小売業などもすでに仮想通貨ビジネスを視野に入れています。

そのキーワードの共通点は「グローバルでスピーディで安全な決済」なのです。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

関連するまとめ

インド準備銀行、仮想通貨購入を禁止|ブロックチェーン重視、代わりに独自仮想通貨への意…

インドの中央銀行にあたるインド準備銀行が5日、国内の各金融機関に対し、仮想通貨に関連する取引を個人・法人相手…

鈴木まゆ子 / 3411 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。