「ビットコインETF実現可能性90%」→1BTC90万円台に(7月25日)

ビットコインETFの話題が、ここ最近の投資家たちの最大の関心事だといっていいでしょう。

さらに、「ビットコインETFの実現確率は90%」という関係者筋(らしい)情報も。

結果、昨日BTC価格が急上昇しました▼

しかし、今日になり、Bloombergをはじめとする大手メディアがこぞって「ビットコインETFの実現は当面ない」という悲観的観測を示しています。

「ビットコインETFは当面ない」悲観論…BloombergとWSJの見解

どういう記事かというと、この記事▼

Crypto Mania ‘Deja Vu’ Risks Jeopardizing Bitcoin ETF Approval 

Crypto Mania ‘Deja Vu’ Risks Jeopardizing Bitcoin ETF Approval 

「SECは投機的なバブルを追加したり影響を与えたりすることを望んでいない」

Bloomberg Intelligenceの上級ETFアナリストであるエリック・バルチューナスは最近のビットコインの価格上昇に言及してこのようにコメントしています。

“The SEC doesn’t want any part of adding to or influencing some speculative bubble,” Eric Balchunas, a senior ETF analyst with Bloomberg Intelligence, said of Bitcoin’s recent rally.

(もしファンドが承認されたら)「デジャヴュみたいだ。でも私は10倍も悲観的です」

“It’s like deja vu, but I’m 10 times more pessimistic” about a fund being approved.

Bloombergアナリストたちによる分析記事

Bloombergアナリストたちによる分析記事

こちらは、Bloomberg Intelligenceのアナリスト、Mike McGlone、Eric Balchunas、Athanasios Psarofagisによる分析記事。Bitcoin ETFについては3人とも悲観的。

Bitcoinの弱気相場を撃退させる触媒として(BitcoinETFは)広く期待されているが、今年の米国での仮想通貨のETFの開始は考えにくいとみるのが我々の見解だ。

Widely anticipated as a catalyst to jolt Bitcoin out of its bear market, an ETF launch for the cryptocurrency in the U.S. this year is unlikely, in our view.

この他、テキサス州に拠点を持つ仮想通貨ヘッジファンド Multicoinのオースティンのマネージングパートナーである Kyle Samani氏も、▼

はい、この(ビットコインETF上場可能性の)噂は私も見ています。ほとんど根拠がないと思います

“Yes, I’ve been seeing this chatter as well, and I believe it’s largely unfounded,”

今年最初のETF申請却下の文書を読めば、SECがなぜETF申請を行ったかの理由が記載されている。こういった問題のほとんどは大きく変わっていない。

“If you read the ETF rejection from earlier this year, the SEC listed quite a few reasons why they rejected it. Most of those issues have not materially changed.”

また、香港の仮想通貨投資銀行であるブラックホース・グループのエイドリアン・ライ氏は、ウォール・ストリート・ジャーナル(以下、「WSJ」)から取材を受けて次のようにコメントしています▼

私はそこまで確信が持てません。実際には起こると思うのは楽観的すぎます。ただ、市場はこの投機に本当に敏感に反応していますね

“I’m not so sure. It’s too optimistic to think it’s actually going to happen but the market is reacting really well to this speculation.”

市場がETFに興奮している様子からして、投資家たちは楽観的になるための理由がほしかったんじゃないですかね

the excitement over ETFs showed many in the market were latching on to any reason to be optimistic

弱気相場は当分続くはずでしたから

“The bear market has been going on for quite a while now.”

SECがETF上場に慎重な理由

このように、金融に詳しい専門家たちは、市場と異なりかなり悲観的に仮想通貨ETFの行方を見ています。

なぜか?

それは「投資家保護」という大義名分を抱えている米SECのスタンスを理解しているからです。

詐欺や誇大広告などによる被害もさることながら、期待相場による激しい価格変動やそれに伴う投機的行動にも懸念を示しています。

(過度に高い)評価とボラティリティ(価格変動)の可能性は、18,000ドル以上にビットコインが高騰した後、SECが1月の手紙でこれらのファンドの見通しについて表明した重要な懸念の1つでした

Valuation, and the potential for volatility, was one of the key concerns that the SEC expressed in a January letter on the prospects for these funds after watching the currency surge above $18,000.

SECは以前、そのような(価格変動リスクを抱える)商品を認可することに抵抗を示していました。

The SEC has previously been resistant to approving such products.

関連するまとめ

仮想通貨ビットコイン7,000ドル台へ急上昇|7つのプラス背景“投資国際資格”試験に…

仮想通貨ビットコインが久々に7,000ドル台まで上昇し、他の上位仮想通貨も上昇中です。プラスに感じる報道が続…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 4494 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。