欧州議会経済金融委員会(ECON)の報告書の中のビットコインの未来 | 仮想通貨まとめ

EU議会レポート内容

7月20日に、欧州議会の経済金融委員会(European Parliament Committee on Economic and Monetary Affairs、ECON)は、昨今のフィンテック分野の概要をまとめた「フィンテック業界における競争問題(Competition issues in the Area of Financial Technology)」という報告書を公開しました。
その報告書内では、銀行業、決済、送金、資産運用、保険などを始め、仮想通貨についても言及されており、仮想通貨業界のバリューチェーンの中で大きな影響を持つ、以下の5つの分野について記述されました。
•ブロックチェーン
•マイニング
•ウォレット、取引所、決済
•スマートコントラクト
•銀行および、クレジットカード決済
欧州連合(EU)議会はビットコインや他の分散型の仮想通貨が世界の中央銀行によって脅かされる可能性があると警告している様です。

ブロックチェーン

仮想通貨業界の根底にあるのは、ブロックチェーン技術であり、その技術は、あらゆる人々が参加可能な「パブリックチェーン」と承認型の「プライベートチェーン」の2つに分類されると記述され、中央銀行や、商業銀行が使用するのであれば、プライベートブロックチェーンであると言及。

しかし、どのようなブロックチェーンであれ、その技術は、Peer-to-Peer(P2P)ネットワーク上のノードが協力して台帳を運用していく、分散型、または非中央集権的な特徴を持つとされています。

マイニング

マイニングは、新しいブロックの承認を行う活動であり、ブロックチェーンを存続させていく上で、非常に重要な活動であると記述される一方で、多大な処理能力および、電力などのエネルギー消費を必要とするという否定的な記述もされています。
(仮想通貨と共に、銀行業務、外国為替、保険、ウェルスマネジメント、個人金融、レグテックにおける競争分析も含まれる)この報告書「フィンテック分野の競争課題」には、ビットコインのマイニング市場における競争の激しさが、景気に影響を及ぼす可能性があると述べています。

わずか5つの採掘プールが市場シェアの79%を占めています。

ウォレット、取引所、決済

仮想通貨業界におけるウォレットや決済、取引所分野は、提供業者が非常に多く、参入障壁が低いと考えられる一方で、取引所分野に関しては、上位5社がビットコイン取引市場の75%を占めるなど、寡占市場的な傾向にある懸念が示されました。

スマートコントラクト

月末の家賃の支払いなど、ある条件が満たされた場合、あらかじめ定められていたものが自動的に執行される特色を持つ、スマートコントラクトも、仮想通貨業界において重要な役割を果たすと記述されています。

銀行および、クレジットカード決済

イーサリアムの実用化に向けた企業組合であるEnterprise Ethereum Alliance(EEA)や、JPモルガンのクォーラムプロジェクト、サンタンデール銀行および、アメリカンエクスプレスのリップルとの提携など、銀行や決済企業も、プライベートな承認型ブロックチェーンの発展に貢献し、仮想通貨業界の中で、重要な役割を果たしていると考えられています。
銀行や中央銀行が独自のデジタル通貨(CBDC)を発行する場合、ビットコインにとってバッドニュースかもしれないと伝えました。

「銀行、特に中央銀行によって認可されたデジタル通貨の出現は、仮想通貨市場における現在の競争レベルを再構成し、競合企業数を広げるだろう...しかし、従来の銀行の莫大な経済力は、先制的な買収や略奪的な価格設定スキームを可能にし、仮想通貨市場における競争を制限するために使用される可能性がある...中央銀行と商業銀行は、ビットコインやその他の仮想通貨を値下げしたり、機関的なサービスの否定を施行して、ユーザーの取引所やウォレットへのアクセスをブロックする可能性がある。」と、発行者である“経済・科学・生活の質・政策機関”は主張しています。

欧州連合(EU)議会は、フィンテック分野の概要をまとめた「フィンテック業界における競争問題(Competition issues in the Area of Financial Technology)」という報告書を公開しました。

報告書内では仮想通貨についても言及されており、仮想通貨業界の中で大きな影響を持つ、以下の5つの分野についての考察がされています。この中では、ビットコインのマイニング市場における競争の激しさが、景気に影響を及ぼす可能性があることが述べられています。

また、仮想通貨には世界各地から多くのプレーヤーが参加していますが、EUの主な弱点は、現在のマイニング市場のわずか13%しか獲得していないことも報告されています。国に関係なく、仮想通貨が世界中で浸透しつつあることが伺えますね  ( つ╹ω╹)つ

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです