トランプ政権、仮想通貨”詐欺”対策の大統領令発布

仮想通貨に対する規制が厳しいことで知られるアメリカ
(いや、厳しいというより「適正化」しているだけじゃね?とも思うのですが)

そのアメリカのトランプ政権が11日、大統領令を発布。
この中で仮想通貨市場などで横行する詐欺から消費者を守るべく作業部会を設置することを明らかにしました。

作業部会設置に関する大統領令はトランプ大統領が署名し、11日に発表された。
トランプ大統領令によれば、「サイバー詐欺」と「仮想通貨詐欺」という二点が対策対象となる模様です。

これまでも仮想通貨(ICO含む)市場はアメリカにおいて「詐欺が横行する危ない市場」として受け止められてきました。

米司法省により調査が強化される、あるいは詐欺防止のための注意喚起のサイトが設けられるなどが講じられてきました。

また、米国歳入庁もマネーロンダリングや脱税の防止のために動き出したのはつい最近▼

ただ、こういった対策だけでは足りず、今回改めて大統領令でタスクフォース(作業部会)が設けられた模様。

タスクフォースは司法省指導ですが、協力官庁には▼

財務省、米国証券取引委員会(SEC)、米商品先物取引委員会(CFTC)、金融消費者保護局(CFPB)、米通貨監督庁(OCC)、連邦取引委員会(FTC)など

作業部会の焦点は「マネーロンダリング」「高齢者狙いの投資スキーム」そして「仮想通貨詐欺」

詐欺対策は何も仮想通貨”だけ”ではありません。
既存のスキームそのものが時代を経て舞台を変えて繰り広げられていました。

その舞台が、「サイバー空間」そして「仮想通貨」なのが現代です。

そして、その詐欺の影響力への懸念について、Rod Rosenstein司法長官は次のようにコメントしています▼

「ワシントンでの記者会見で、企業や従業員が犯した詐欺は、金融市場や医療分野などのアメリカ市民に甚大な影響を与えている」

”Fraud committed by companies and their employees has a devastating impact on American citizens in the financial markets, the health care sector, and elsewhere,”

このため、企業が自らの組織や自社の社員による詐欺について調査や告発などの形で協力した場合には、一定のインセンティブを与えることも検討しているとしています。

トランプ大統領「言及はしないが関心は強い」

これまで、仮想通貨に関する明確な発言を行ってこなかったトランプ大統領。
「行ってこなかった」というよりも「意図的に避けてきた」というほうが正しいのかもしれません。

しかし胸のうちは表面とは異なるようです▼

昨年11月、ホワイトハウスのサラ・サンダース報道官は、大統領がビットコインに関心を持っているかを記者に問われた時、「それが(トランプ大統領の)見張っているものだと知っている」と返答している

この司法省や官邸の対応と対照的なのがSEC。
SECは最近、仮想通貨に対してどちらかというと「容認」の姿勢を示してきています。

アメリカでの仮想通貨規制が今後どのようになっていくか、投資家としてもまだまだ「手探り」の状態が続きそうです。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

関連するまとめ

中国政府、ブロックチェーンベースのID認証システムの確立へ|社保や行政データの管理に…

中国政府がブロックチェーンベースのID認証システムの確立に向けて動いていることが明らかになりました。社会保険…

鈴木まゆ子 / 2139 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。