コインゲート、ライトニングネットワークを使った決済をスタート

ビットコインをはじめとする仮想通貨のユーザーが増えるにつれて重くなってくるのが「スケーラビリティ問題」。
昨年夏は、ビットコインのSegwit2などが話題になりました。

そして最近、このスケーラビリティ問題を解決するのに注目を集めているのが「ライトニングネットワーク」。

仮想通貨決済サービスのコインゲート(CoinGate)が小売店など100店舗でビットコインのライトニングネットワークで決済テストを開始することが明らかになりました。
この実験に参加するのは、eスポーツの賭けサイト、サーバーやホスティングサービス、オンラインストア、アダルトエンタメウェブサイトなど。
7月1日から利用可能とのこと。

コインゲートCTOのリーティス・ビエリャウスカス氏は、この実験は、まだライトニングネットワーク(LN)決済テストは、決済をする人の経験や実際の決済での機能の仕組みの実証、改善点といった情報を収集する目的であるとし、次のようにコメントしています。

ライトニングネットワークはコミュニティで待ち望まれたものの一つであるとし、ビットコインのトランザクションを迅速に軽くするのを助けるだろう
LN技術は新しく、ユーザーフレンドリーとは言い難い。消費者向けのアプリが出るまでに1〜2年はかかるだろう。事業者がこれを積極的に受け入れ出すのはもっと先になる

さらに、▼

コインゲートのこの実験を通してビットコインが失われしまった場合、同社が負担する

ライトニングネットワークとは

ライトニングネットワークは、ビットコインのスケーリング問題に対するセカンドレイヤーのソリューションだ

ライトニングネットワークは、仮想通貨での決済でしばしば問題になるスケーラビリティ問題の解決方法として期待されるもののひとつです。
オフチェーンでトランザクションの多くを実行することで解決するのでは、としています。

ビットコインを含めた仮想通貨での決済で期待されていたのは1円単位での決済の可能性、つまりマイクロペイメントの可能性でした。

ただ、現実には、一回の決済につき10~20円かかってしまい、ペイメント次第では金額<手数料となってしまいます。
また、トランザクションのスループットが高くない仮想通貨は頻度の高い決済に向いていないなどといった問題も。

LN決済だと、次のようにして解決できるのでは、とされています。

マイクロペイメント等の取引をオフチェーンで実行し、最初と最後の取引だけをビットコインのブロックチェーンにブロードキャストして確定させることで、本来発生するはずだった多額の取引手数料が無料になり、かつ即時の取引確定が可能となるという考え方

つまり、▼

ライトニングネットワークは、ビットコイン本体のブロックチェーンとは別のネットワークです。全く別の世界だとおもってください。別の通信方式で通信しています。
ライトニングのネットワーク自体は誰が作っているかというと、これも勝手にやってます。誰でも自分のノード(ウォレット)を立ち上げて、他人に支払い経路を貼る(許可無く勝手に貼れます)ことで、このようなネットワークが自発的に生成されています。
このネットワークはトラストレスで、誰かを信用する必要なく、途中でコインが盗むこともできなくなっています。
ライトニング内の残高も単に本体のブロックチェーンに書き込んでいないというだけで、いつでも書き込める署名付きのものであり、誰かを信用する必要がありません。
一切の信用の前提をおかずにオフチェーンでコインを動かすことができるようにしたのがライトニングの発明です。

マイクロペイメントOKなLN決済、デメリットも

ただし、LN決済にデメリットがないわけではありません。

関連するまとめ

ドイツ国民30%「仮想通貨に関心あり」|”確立された金融から自由になりたい”が最多、…

ドイツのPostbankが3100人のドイツ人対象に行った調査の結果、約30%が仮想通貨に関心があることがわ…

鈴木まゆ子 / 1789 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。