熊本電力がマイニングファームを本格稼働

熊本電力株式会社(以下、熊本電力)及びOZマイニング株式会社は(以下、OZ)、2018年8月1日からマイニングファームを稼働することを発表しました。

また同時に、8月1日より、マイニングファーム第1期の募集が開始されます。本稼働された後、2020年3月に台数14,000台、売上げは9,000万円/月の目標を達成する計画とのことです。

熊本電力とは?

「熊本電力」は明治から昭和にかけて存在した「熊本電気」や、現在九州地方7県を中心に事業展開している「九州電力」とは異なる、平成26年3月に設立された新電力会社。親会社は平成24年5月に設立された「TakeEnergyCorporaion」です。TakeEnergyCorporaionの主要取引先には九州電力株式会社、東京電力株式会社、株式会社DMM.com、株式会社ウェザーニューズなどが含まれています。
熊本電力は、太陽光発電所の建設・運用を担うTake Energy Corporation傘下の新電力会社です。電力自由化に伴い、主に九州・関東地方で電力の売買業務などを行っています。
仮想通貨マイニング事業への参入にあたり、関連会社のOZ(オズ)マイニングを設立。熊本電力の安価なエネルギー供給によるデータセンター型、およびコンテナ型のマイニング施設を構築し、顧客に販売するとのこと。また、複数マイナーが協力して採掘するクラウドマイニングシステムの販売にも取り組むとしています。

マイニングとは?

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、特定の国や地域に依存しない次世代の通貨として期待されております。仮想通貨は、ブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳に記録・更新されることでデータが維持されており、この記録・更新作業のことをマイニングといいます。

つまり、マイニングをすることは、世界中で利用されている仮想通貨ネットワークの維持に貢献することにも繋がります。マイニングを行うには、コンピューターリソースと電力を消費しますので、その報酬として仮想通貨が支払われる仕組みとなっています。
マイニング(採掘)とはビットコインなどの仮想通貨で、ネットワークを維持するために任意の参加者(マイナー、採掘者などと呼ばれる)が行う高度かつ膨大な量の計算作業だ。この計算作業にあたっては、高性能なマイニングマシンが必要となる。マイニングファームとは、このマイニングマシンが稼動する施設のことである。

マイニング事業の勝算はあるのか

マイニング事業には、IT企業のGMOインターネットやDMMグループがすでに参入しています。GMOは電気代が安く、冷房を必要としない北欧地域に施設を建設するなど、電気代の節約に苦慮しています。
マイニング施設は、建物と一体になった大型のものや、コンテナを設置するだけの簡便なものもあり、顧客の状況に応じて選択が可能とのことです。確かに電気代が安いことは魅力のひとつですが、仮想通貨のマイニング事業が儲かるのかどうかは、コンピュータの性能と仮想通貨の価格推移にかかっています。

熊本電力が提供する施設の計算能力は明らかにされていませんが、他社と同等もしくはそれ以上の計算能力がある場合には、安い電力と組み合わせることでかなりの競争力を発揮することになるでしょう。
九州地区は太陽光発電が盛んなことでも知られており、九州電力管区では2017年5月に、昼の総電力需要の7割を太陽光がまかなったことでも話題となりました。一方で、太陽光発電所が増加し続けると昼間だけが過剰発電となるため、既存の発電所が出力調整に追われることになります。調整がうまくいかない場合は停電になることもあり、これを避けるために太陽光発電所への出力抑制が検討されています。

しかし、それではせっかく発電したエネルギーを有効活用しきれない点が問題となっています。熊本電力によると、仮想通貨マイニング事業は、これら自然エネルギーの過剰発電問題の解消にも繋がるとのことです。

熊本電力が仮想通貨のマイニング事業を行なうことを発表しました。

九州地区は太陽光発電が盛んで、電力の販売会社で安く電力を調達できるようですが、マイニングにはコンピュータの性能や仮想通貨の価格推移なども影響してきます。今後の動向に注目していきたいと思います (*^^*)

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです