ブロックチェーン技術で「匿名取引システム」の特許取得

アメリカに本部を置くクレジットカード世界シェア第2位のMastercard社が、ブロックチェーンネットワーク上で、匿名トランザクションを容易にするシステムの特許申請を行っていたことが判明しました。
6月28日に米国特許商標庁により公開された、同社の特許申請書によると、このシステムは基本的に、各トランザクション毎にカード利用者とマスターカード社、または決済機関によって運営されている中央サーバー用に、そのトランザクション特有の情報に対するハッシュ値を生成、発行します。
ブロックチェーン上では、IDと秘密鍵なしに、その内容を見ることができないようにしたもので、管理と制御は中央サーバーが行います。 

中央サーバー上には、一連の秘密データを含む利用者のプロフィール、識別情報等のデータベースが維持されることになります。

「匿名取引システム」の特許申請書の内容

特許申請書には、次のように表現されています。

「トランザクション処理の中で、説明責任と信頼を確保するため、トランザクションの詳細は公開されつつも、匿名性を保ち、他者による個々のトランザクションやその量を追跡不可能にした上、トランザクションを行う当事者の秘密保持の必要性も満たすような、技術的解決策が必要とされている。」

仮想通貨関連の特許申請に積極的な姿勢

ブロックチェーンを使用したカード決済の特許

この特許で同社は、顧客により安全でスピーディーな決済の提供を目指す。「Method And System For Payment Card Verification Via Blockchain」と名付けられた本特許では、ブロックチェーンによる送金及び、支払い確認のプロセスを検証し、安全な利用者情報を確保するという。
今回マスターカードが本特許を取得した理由は、情報の漏えいや、決済時のミスを無くすためである。かつて不正アクセスを受けて、セキュリティコードを含むカード情報が流出した事件が起こった。

この事件にマスターカードも含まれていたが、このような状況を顧客自身で回避するのは至難の業である。同社はこのようなクレジットカードが持つリスクを同特許によって解決しようと考える。

ブロックチェーンを使用した旅程入札システムで特許

金融サービス大手のマスターカード(MasterCard)は、旅行者が希望する旅程を提出して、旅行者を予約する前より多くのホテル、航空会社、その他のサービスプロバイダーに接続し、各サービス要求に対して入札できるようにするブロックチェーンシステムの特許を2018年6月7日、米国特許商標庁(USPTO)によって取得しています。
このブロックチェーンシステムがもたらす主な利益は、旅行業者からすれば、提供しているサービスと旅行者とのマッチングを入札によって行えるということで広告費用削減が見込めることにあります。また、旅行者側にとっては、旅行に必要なサービスのマッチングを提示した希望に近い業者とマッチングしてくれるということで旅行サービス利用をより容易にするメリットがあります。

マスターカードは、今年の上半期にブロックチェーン技術関連の特許を立て続けに特許を取得しています。力を入れていることがよくわかります。

また、アメックスなどもクレジットカードの利用環境の改善のためにブロックチェーン技術を利用して、利用環境の改善に貢献しているようでうす。世界でも主要な決済手段の1つであるクレジットカードのブロックチェーン技術研究や利用が広がっていますね ٩꒰。•◡•。꒱۶

“もっと”詳しい情報を知りたい方はコチラに登録↓↓↓

関連するキーワード

仮想通貨ヲタク清水聖子

仮想通貨の第一人者、『美人過ぎる仮想通貨ヲタク』『セレブトレーダー』として特集された清水聖子が最新ニュース、爆上げコイン情報、魅力や楽しみ方、など日々細かく分析配信しています。

仮想通貨を勉強したい方も、仮想通貨乗り遅れ組もぜひ参考になると思いますので、楽しみながら読んでいただけると嬉しいです