仮想通貨市場には
初期コイン・オファリング(ICO)を行った
仮想通貨やコインが多く存在します。
しかし、今ICOに対して厳しい意見が多くみられています。

ナスダックCEOもICOに
悲観的な意見を述べ、
米国でのICOには怪しい流れも。

また、CBOEのトップも警告し、
米国の証券取引委員会(SEC)は、
あるICOオーナーの資産を凍結しました。

ICOを規制下にした
厳しい審査を通過するSTOへ
移行するのでしょうか。
許可を待つものや、
STOについてもご紹介します。

仮想通貨業界の著名人が相次いでICO市場に対する警告を発する中、米国の主要株式市場のトップもこれに呼応する形で発言し、米国のICO市場に暗雲が漂っている。

日本でも先行きに希望が持てない噂が流れています。

米国世界最大証券取引所ナスダックCEO「ICOは有害」

世界最大の証券取引所ナスダック(CEO)のトップは、
ICOは個人投資家にとって有害だと考えていると述べました。

ナスダックのアデナフリードマン最高経営責任者(CEO)は、
ICOプロジェクトを取り巻く誇大宣伝についても語り、

「何の規則も作らないために、企業は人のお金を取るだけで無駄に情報を提供することができ、ガバナンスがなくても、あなたは人を利用しているように聞こえる」

“To make it no rules at all, when companies can just willy-nilly take people’s money and offer no information at all, with no governance, that sounds to me like you’re taking advantage of people.”

ICOプロジェクトに対して、
「深刻な懸念」の意を表明しました。
※ガバナンス=統治(能力)」のあらゆるプロセス

フリードマン氏は、新興企業が株式公開(IPO)を通じて資本調達する企業に課せられた開示要求と同じ時期に提出することはめったにないため、ICO業界における透明性の欠如を懸念していると述べた。

Friedman said that she is concerned about the lack of transparency in the ICO industry, as startups rarely submit to the same times of disclosure requirements placed on companies raising capital through initial public offerings (IPOs).

また、「ICOの分野では、そのどれもが利用可能ではない」と語り、
「私は、ICOを通じて資金調達を進める中で、
これらの企業が持つ透明性ほか、
説明責任の欠如に対して懸念があります。とも述べています。

フリードマンCEOは、詐欺的なICOの犠牲者はたいてい投資初心者で、ほとんどの場合で必要な情報をとってこれないと強調。

ICOは「ルール」が無いといってもいいわけですが、
企業が否応無しに投資家からお金を取り、
そして情報や管理体制を明らかにしないことは、
“投資家を利用(搾取)”しているように聞こえると発言しました。

米シカゴ・オプション取引所CBOE「ICO市場」が警告

米シカゴ・オプション取引所(CBOE)グローバル・マーケッツのクリス・コンキャノン社長が、
イニシャル・コイン・オファリング(ICO)市場はすぐに2段階に渡る「審判の日」を迎える可能性があると警告した。

▼重要なコメントかもしれません。

コノキャノン氏によると、第1段階で米国証券取引委員会(SEC)がICOを未登録の有価証券に分類し、投資家が保有しているICOコインが「無価値」になる。

上記に言われる状況になった場合、
結果的に第2段階でICOプロジェクトを推進する企業に対して、
“集団訴訟”が相次ぐことになるでしょうといいます。

▼流れはココ

「『審判の日』は2段階に分かれてやってくる。

関連するまとめ

リヒテンシュタインのユニオンバンク「独自仮想通貨セキュリティトークン」発行へ|スイス…

先日、仮想通貨取引所バイナンスLCXが開設した公国リヒテンシュタイン。この国のユニオンバンクが独自セキュリテ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 2892 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。