スペインで活用が期待されるブロックチェーン。
5月30日には、国内での仮想通貨とブロックチェーンを優遇する規制についてスペイン議会は満場一致で可決。

バルセロナはすでにテクノロジー関連のスタートアップが集積するハブとなっており、ブロックチェーン技術特区が設けられています。

また、リップルとの提携によるブロックチェーンによる国際送金決済で有名なサンタンデール銀行もスペインです▼

スペインの銀行グループ、顧客認証にブロックチェーン活用

そんな中、顧客認証にブロックチェーンを活用しようという動きがスペインの銀行グループで始まりました▼

スペインの大手銀行が参加するコンソーシアムのニウロンが、ブロックチェーンを活用した顧客のデジタル認証プラットフォームの開発計画を明らかにした。
ニウロンによると、この新たなブロックチェーン・プラットフォームにより、業務スピードの向上、詐欺の減少、マネーロンダリングの防止を実現できるという。
顧客側の利点としては、登録手続きに要する時間が短縮され、顧客が自らの個人データをより細かく制御できることが挙げられる。

このプラットフォームが完成すると、異なる銀行や金融機関の間で顧客データを”同時に”共有できるようになります。
また、改ざん耐性が高いため(といっても、昨今話題の51%アタックへの対策は必要ですけど)改ざんされる恐れも低くなります。

なにより、共有のためのコストを削減することができます。

さらに、デジタル認証が簡略化し、最近施行されたEUの一般データ保護規則(GDPR)と最新のセキュリティ基準に準拠するシステムとなっています。

EU一般データ保護規則(GDPR)についてはコチラ▼

スペインNo.2の銀行CEO「ブロックチェーンは未熟」

ただし、誰もがもろ手をあげて「いいね!(・∀・)」しているわけではありません。
すでにブロックチェーン技術を自社ビジネスで経験しているスペインNo.2大手の銀行ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)のカルロス・トーレスCEOは「ブロックチェーンはまだ未熟」としています。
BBVAはスペイン国内でも積極的にブロックチェーン技術の活用を試みてきた銀行として知られています。

ブロックチェーンの課題は、”仮想通貨のボラティリティが高いこと”や税務署や金融規制当局の要求に適応できない
ブロックチェーン技術は「まだ成熟しておらず」今後「大きな壁にぶち当たるだろう」

さらに、ブロックチェーンの活用には、規制当局の保護が必要だともしています▼

そのポテンシャルが高さからブロックチェーン発展のために抑圧的ではないが十分に監督されたスペースが必要

BBVAはこれまでローンの分野でブロックチェーンを活用してきました。
7500万ユーロ分のローンについて条件交渉から契約まで全て分散型台帳で行うことで、取引にかかる時間を「数日から数時間」に削減しています。

今後、CEOはブロックチェーンの技術の成熟と規制当局の準備ができたらば、シンジケートローンやその他の分野でブロックチェーンを活用していきたいとしています。

このほか、スペインの中央銀行もブロックチェーンは未熟として冷静な姿勢を示しています▼

ブロックチェーン技術は「興味深く可能性がある技術」であるとしながらも、未だ成熟しておらず
仮想通貨に至っては、「意義のある改善を提供することのない、偽の目新しい商品」

このあたりの姿勢はBISの懐疑的なスタンスと非常によく似ています▼

「活用」と「技術の改善」は同時進行

「活用」と「技術の改善」は同時進行

ただ、「未熟」だからといって何もしないでいては「改善」「革新」は望めません。

技術がよりよいものになるのは、その一歩前の段階で「問題がある」ことが分かったからです。
インターネットであれ、携帯電話であれ、これまで問題があったからこそ、その都度「じゃあどうしたらいいか」で改善が重ねられてきました。
だからこそ、今の利便性や安全性があります(もっとも安全性に関してはいたちごっこなのですが、、、)

活用するには未熟だから使わない、ではなく、使いながら問題を見つけ、改善を重ねていくことでよりよい技術になっていくのではないでしょうか。

ブロックチェーンにも仮想通貨にも、そのポテンシャルがあるように思われます。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

 仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

関連するまとめ

香港の資産運用会社、仮想通貨のカストディサービスを検討|”金融”での位置づけが高まる…

香港の資産運用会社が仮想通貨に関するカストディサービスを計画しているとのことが明らかになりました。すでにCo…

鈴木まゆ子 / 645 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。