仮想通貨の不正送金被害が、
沖縄県内で初めて確認されたのが2016年の1件被害額35万円でした。
そこから1年で2017年は8件2,166万円と急増していると報じられています。

ネットで他人のIDやパスワードをだまし取る「フィッシングサイト」や、
メールに仕組まれたウイルスなどが原因で不正アクセスを受け、仮想通貨が別の口座に送金されたとみられるという。
県警サイバー犯罪対策課がまとめた。不正送金の被害は昨年全国で149件あり、総額約6億6240万円だった。

冒頭に触れた2017年の被害総額内を見ると、
仮想通貨リップルが1,800万円、ビットコインが330万円だったといいます。

沖縄県での被害に言及していますが、
全てが不正送金だったのかは分かりません。

実は、遠く離れた反対の北海道でも不正送金というだけではなく、
多くのリップル関連の被害がありました。
当時爆発上昇した価格からも、リップルをバックに、
その他の偽コインを持ちかけるような話もあります。

仮想通貨の詐欺事例

仮想通貨の不正送金や怪しい話は増えています。
分野においても難しい用語も聞きなれない言葉もあり、
騙すことができると思える環境で、
詐欺案件が増えるのは避けられません。

しかし、問題を知り自由を守る最善の方法を知ることで詐欺や資産喪失の リスクを大幅に軽減できる。

では紹介されている「詐欺」の事例をここでご紹介します。
詐欺を行いやすいという点では出逢う可能性はありますが、
類似しているからといって、全てがダメだとは言い切れません。
問題のないもの、グレーなものなどもある点はご留意ください。

新しい手法「ビットコイン投資パッケージサービス」

ビットコイン(BTC)投資パッケージは、ビットコインの分野における新しい詐欺だ。

収益を約束したうえで、ユーザーの投資資金で
詐欺師が逃げるまでは少額の報酬が毎日支払われるというものだそうです。

この投資詐欺においては、毎日支払いが行われることによって非常に有益であるように見える。しかし、投資した金額が戻ってくることはない。
仮想通貨投資サービスに資金を投入する場合、サービス提供会社に専門家がいることを確認する必要がある。
また、投資戦略が明確にまとめられていること、一貫性があることを確認しよう。投資の世界では、すべてが自己責任であるため返金・補償を謳う企業にも、注意が必要だ。

マイニング会社に出資する「オーナー型」クラウドマイニングサービス

クラウドマイニングの詐欺サイトは、マイニングのコミュニティメンバーや情報に疎い素人を欺く為に作成されている。
クラウドマイニングからハードウェアマイニングまでを望むグループである場合は、更に注意が必要だ。

既にご存じかと思いますが、マイニングとは、
仮想通貨で新規の取引情報を解析し、
ブロックチェーンに記録を残す・抽出する作業。

関連するまとめ

仮想通貨詐欺あなたが騙される手口|相次ぐ最新手法キーワードを知っていますか?

「そんな大金持ってないから私は大丈夫」と思う人は注意かも!お金がないのに「用意」できてしまうものなのです…。…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8074 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。