新規マイニング業者の認可を停止したカナダ・ケベック州

仮想通貨マイニング用の電力供給の一時停止を解除したケベック州とハイドロ・ケベック公社。

しかし、その”緩和”こそ、一時的なものに過ぎないのかもしれません。

先日7日、ケベック州内の新規マイニング業者の認可を停止しました。

この動きはケベック州営の電力公社ハイドロ・ケベックが州内の他の企業や個人に電力を継続的に供給しやすくするための措置です。

This action has been taken in order to facilitate Hydro Quebec, the energy management sector of Quebec, to continue supplying the power to all other provinces.

マイニング操業によってハイドロ・ケベックの短期及び中期的な電力供給のキャパをオーバーし続けている。9000メガワット以上にもなっているのだ。

These mining operations are exceeding the short-term and middle-term capacity of Hydro Quebec, which is more than 9000 megawatts.

そのため、電力制限とマイナーに対する電気代の値上げが必要に▼

州営電力会社イドロ・ケベックは州エネルギー省に対し、採掘業者への電力供給を50万キロワットまでに制限するよう要請。
増収を図るため、採掘業者に適用する電気料金の速やかな決定を求めた。
安い電気代を求めた結果の「締め出し」「電気代引き上げ」

安い電気代を求めた結果の「締め出し」「電気代引き上げ」

マイニングには電力という多大なコストがかかります。
そのため、オーストラリアや中国、ケベックなど「安くて豊富な電力」を求めて採掘業者が移動するのは自然なこと。

ただ、その結果が「締め出し」「電気代引き上げ」となっては、自分で自分の首を絞めることになってしまいます。

とはいえ、現実は▼

中国などの仮想通貨採掘業者はケベック州に事業認可を申請し、州の安い電力コストや政情安定の活用を図っている。

そして、一時的に供給制限したケベックが解除した理由は「仮想通貨の波に乗り遅れてビジネスチャンスを失うのが怖い」からでした


参考記事▼▼

「ブロックチェーン産業プロジェクト」で”地域貢献”する企業を選定

折衷案は「ブロックチェーン産業プロジェクトを州側が選ぶ」

折衷案は「ブロックチェーン産業プロジェクトを州側が選ぶ」

無意味に電力を使わせるのはイヤ、でも仮想通貨の波には乗り遅れたくない。

そこで編み出されたのが「ブロックチェーン産業プロジェクトの選定手続き」です。

ハイドロ・ケベックはケベック州のエネルギー規制当局であるエネルギー公社に近日中に申請書を提出する予定とのこと。

規制当局は投資や地元の雇用創出など、ケベック州にとって最も経済効果の高い企業を選定することになる

ブロックチェーン関連事業の重要性はケベック州もハイドロケベックも理解しています。
けれど、地元経済に何も潤いをもたらさないどころか、生命線である電力供給を奪うような産業にまで貢献するのは意味のないこと。

そのため、地元経済に貢献するような事業を受け入れ側が選定し、奪うだけの企業はふるい落とそうという考えなのです。

ブロックチェーンはイドロ・ケベックにとって将来性のある産業だ。
それでも、この産業の発展が、当社の顧客に対して電気料金の増加をもたらすことなく、ケベック州のスピンオフを最大化するようなガイドラインが求められる。
当社はエネルギー公社の手続きに積極的に参加し、ガイドラインが早急に策定されるように努める
まとめ

まとめ

今後、似たような対策を講じる自治体は出てくるかもしれません。
安価な電力を奪われるだけ奪われることに懸念をおぼえる地域は少なくないからです。

と同時にマイニング企業も、単に自社の利益追求だけでなく「社会貢献」の側面も意識しないと淘汰されるようになってきています。

「自分だけでなく他者も潤す」。長い目で見て生き残る企業の条件になってくるのではないでしょうか。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

最新公表「仮想通貨の格付け」評価更新|トップは7種類だけ“ワースト4はコレ”米Wei…

定期的に行われる米Weiss Ratingsの仮想通貨格付けランキングが発表されました。今回は93種類の仮想…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 10629 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。