米大手金融サスケハナ(SIG)、仮想通貨事業に参入|「仮想通貨を含めた新しいテクノロジーの流れは”永遠に”なくならない」 | 仮想通貨まとめ

米大手金融SIG(サスケハナ)、仮想通貨トレーディングに着手

米国の大手金融企業のサスケハナ・インターナショナル・グループが、仮想通貨の取引に着手することになりました。ビットコイン(BTC)の先物取引からスタートするとのこと。

現在、サスケハナは顧客数500の小さなグループにデジタル通貨を提供する計画を立てており、将来的にはこのサービスを拡大させようとしている。
加えて、ビットコインや、イーサリアム(ETH)・ビットコインキャッシュ(BTC)といった他の仮想通貨の現物を顧客が売買できるようにする。

この仮想通貨に係る金融商品は米SECでは”証券”に該当。
そのため、サスケハナはライセンスを取得しました。

セキュリティに関しても、用心を欠かしません▼

プライベートキー(秘密鍵)は、サスケハナのコンピュータシステムと接続されないオフサイト設備にあるデバイスに保管されるため、ハッカーからの攻撃にもより抵抗力があると伝えられている

サスケハナ(Susquehanna International Group (SIG))とは

サスケハナ・インターナショナル・グループは日本ではあまり知られていません。
が、世界では伝統的な投資を扱う金融大手企業として認められています。

ペンシルバニア州のベラ・カヌイドに拠点を置き、世界最大の金融企業の一つとして知られており、株式やオプション取引、ETF(上場投資信託)といった金融サービスを手掛けています。

なぜ仮想通貨ビジネスに着手したのか

伝統的な金融業であるサスケハナがなぜ仮想通貨ビジネスに着手することになったか?

それは、仮想通貨取引所Geminiの動きにありました。

Geminiの運営者であるウィンクルボス兄弟がビットコインETFの計画に、サスケハナを誘ったのです。

ここから、サスケハナの仮想通貨への関心が高まりました。

ビットコインETFは最終的には米SECに拒否されました。そのため、パートナーシップは花開くことなく終わりました。が、SIG(サスケハナ)はその後も仮想通貨トレーダーを1名キープ、その結果、同社の新規ビジネスにつながりました。

Although the application was ultimately denied and the partnership never commenced, SIG retained a single crypto trader, allowing the company’s latest venture to bloom.

株式非公開のサスケハナは過去2年に渡り、非公開取引における仮想通貨の売買のための取引デスクを構築した

SIG「仮想通貨の流れは”永遠に”なくならない」

サスケハナのデジタル資産グループの責任者は仮想通貨はネットでのデジタル決済など幅広い用途があるとの見解。
次のように述べています。

「我々は、こうしたテクノロジーやアセットクラスが、金融サービスの様々な側面を変えていくと信じている。また、この流れは永遠に無くならないと考えている」

すでにアメリカでは仮想通貨の先物取引は始まっています▼

すでに金融の分野での投資ノウハウを持つ大手企業が仮想通貨に着手すれば、一気に裾野が広がることにつながります。
仮想通貨関連の多様な金融商品をクライアントに提供するだけのリソースを持っているからです。

さまざまな形で仮想通貨が広まりつつあります。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

SBIリップル“2017年度”日韓海外送金|仮想通貨を使った送金実験とR3とリップル…

リップルの動きが活発化してきました。先日お伝えしていたRippleがR3に提訴される話ですが、Rippleが…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 9317 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。