Binance(バイナンス)、マルタで銀行口座開設

今年3月、「マルタに拠点を移す」と発表したBinance.
先日、マルタでの銀行口座取得を明らかにしました。

年内にも仮想通貨と法定通貨の交換ができるようにする、と話しています。

バイナンスの趙長鵬(ジャオ・チャンポン)CEOが6日、コインテレグラフのインタビューに答え、マルタに銀行口座を開設したことを明らかにした。
これによりバイナンスは、自社のプラットフォームで法定通貨と仮想通貨の預金や引き出しを行う計画の実現に向けて一歩近づいた。

「マルタに拠点を移し、銀行との協定がスムーズにいった」と語るCZ(趙長鵬(ジャオ・チャンポン))。

この動きに対し、「まだなかったのか」という声も。

コインマーケットキャップによると、Binanceの現在の取引高は14億7000万ドルとなています。
今回の提携により、流動性の向上と投資家の裾野の拡大が期待されています。

次のようなCZのコメントも、拍車をかけるかもしれません。

仮想通貨と法定通貨のペアの取り扱いを年内にも開始するとした他、アジア地域やアフリカでのサービス提供も開始する予定だ

銀行口座開設は仮想通貨取引の重要ポイント

これは非常に重要な決定で、取引の流動性を上げ、新規の投資家が参入するのを容易にする。

仮想通貨の登場により、相互の資金のやり取りやあらたな安全資産の登場による安心感が増えました。

とはいえ、仮想通貨が法定通貨の地位を代襲しているわけではありません。

仮想通貨のボラティリティは非常に高く、またハッキングなどの怖れを抱えていることには変わりありません。

法定通貨との交換などをいかにスムーズに行うかが、取引所にとっても業界全体にとっても重要な位置づけになります。

銀行との提携打ち切りで取引所が追い込まれることも

逆に見ると、銀行との提携取りやめは、仮想通貨取引所にとっては「命綱がなくなること」にもなりかねません。
仮想通貨が普及しても、世界の経済の主軸は法定通貨を中心に回っています。

現時点では、仮想通貨は法定通貨の”代わり”にはなっても、その逆はない状態です。

先月29日、ポーランド最大の仮想通貨取引所ビットベイが、銀行が同取引所との提携を取り止めたことを理由に、事業を停止すると発表しました。

この後、同取引所はマルタに移転しています。

ビットベイは、ポーランドでのビジネスは国内銀行との協力関係に左右されると主張。同取引所にサービスを提供する最後の銀行が5月末でビットベイとの取引を停止すると述べた。
9月17日に取引サービスを全面停止し、18日以降は預け入れた資産の引き出しのみが可能となる。
厳しすぎる規制は”資本流出”の原因に

厳しすぎる規制は”資本流出”の原因に

「マルタに次々と仮想通貨取引所が集積」

となれば聞こえがいいのですが、見方を変えると「ポーランド国内から資本が流出した」となります。

そうなれば、税金の問題だけでなく、雇用機会の喪失といった経済問題につながるおそれも。

もしかしたら銀行との提携取りやめがなければ、ビットベイはポーランド国内に居続けたかもしれません。
過度な規制はかえって国内産業を縮小させることにもなりかねないのです。

まとめ

この他、Binanceはビックプロジェクトを発表しました▼

この他、自主規制組織”CCG”の設立や配車アプリを手掛けるプロジェクトの支援”Dache Chain”なども発表しています。

今回の銀行との連携は、こういったプロジェクトをさらに後押しすることにもなります。

「組織などの管理に依存しなくても成り立つシステムが仮想通貨の世界」と言われますが、、、現状では、既存の金融システムに「依存」しているのが事実。

対立するよりも、融和していくほうのがお互いのためなのかもしれません。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

仮想通貨「660億ドル」の時価総額へ“驚異的”な成長|密かにビットコイン価格が上昇中

リップル、イーサリアムなどアルトコイン勢も含め仮想通貨(暗号通貨)全体で、時価総額660億ドルという驚異的な…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 12980 view

関連するキーワード

鈴木まゆ子

税理士・ライター・心理セラピスト。


仮想通貨は現時点(2017年)では投資(というより投機)の手段として着目されています。
しかし、その基礎技術であるブロックチェーンを含め、今後AIとともに、人間の未来をより効率的に、かつ安心できる社会にしていく可能性のあるものではないかと思っています。

個人だけでなく、国としても注目のアイテムなのが仮想通貨です。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問についてお伝えしたいなと考えています。


ブログ「税理士がつぶやくおカネのカラクリ」(心理記事メインです)https://ameblo.jp/mayusuzu8/
Facebook:「おカネのカラクリ」または「税理士鈴木まゆ子事務所」
Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。