「こんな場所でマイニング?」「だって電気代とか安いしさ」

仮想通貨のマイニング(採掘)に「安い電力」は必須。
というのも、マイニングで利益が出るようにするにはコストを抑える必要があるからです。
加えて、人件費と地代家賃を低く抑えられたら言うことなし。


そんな状況のため、最近は意外な場所でマイニングが行われることがあります。

閉鎖工場でマイニング

クラウドマイニングサービスのコインミント社が、7億ドル(約771億円)を投じ、ニューヨーク州北部にある閉鎖工場をビットコインのマイニングファームの改修工事に着手した。
ビットコインマイニングを目的に、電気代が安い地域で使われなくなったインフラを再利用

今回の計画では、「最高7億ドル」を投じて2019年の末までに、アルコア社の元アルミニウム溶解工場を改装するとのこと。敷地面積は1300エーカー(約526万平方メートル)におよびます。

かなり広大な土地でのマイニングとなりますが、その意図はどのようなものでしょうか。

工場は高圧電力ができる→膨大な電気を必要とするマイニング向き

工場は高圧電力ができる→膨大な電気を必要とするマイニング向き

工場はもともと製造のための施設であるため、効率よく膨大な電気を発電することが必要です。
高圧電力で発電可能なため、膨大な電気を必要とするマイニングに向いています。

さらに、発電した場合の冷却設備が整っていることも。

地代も工場用地は安いことが多く、効率よくマイニングビジネスを行うのには向いているかと思われます。

また、アメリカは資源が豊富であることから発電のコストも日本よりは抑えられています。
ただし、コインミント社が今回選んだのはニューヨーク州。
アメリカの中でも発電に関しては比較的”割高”とされています。

養鶏場で違法マイニング@韓国

ただし、どこでも合法的にマイニングがされているとは限りません。
クリプトジャックは別として、いい場所なんだけど違法にマイニングをやってた、、、なんてケースもあります▼

今年4月には、韓国のマイナーが仮想通貨製造のために安い電気を不法に使用したとして逮捕された。
5人の仮想通貨マイナー(拘束中のため身元は伏せられている)が、大幅に低い料金で電気を使用するために市の保護エリアにある工場や養鶏場を意図的に借りていたことが、警察の詳細な調査で判明した。
5人のマイナーは建物を半導体工場に偽装したり、いくつかの土地を養鶏場に見せかけることで、ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨を採掘する能力を得ていた。
入手・設置したASICマイナー以外のコストは実質ゼロの状態だった。
通常の半分の電気料金しか支払われておらず、養鶏場や工場の賃貸料も大幅に割引されていたことも判明している。
違法マイニングは後を絶たない

違法マイニングは後を絶たない

このほか、ニューヨーク州では低料金の電力を過剰使用してマイニングを行う仮想通貨採掘業者に採掘の中止を要請しました。
ブルックリンではマイナーの放出する電波が地域の通信を阻害、操業停止や退去を命じる措置などもなされています。

また、違法でないにしても、地元住民の電力供給を阻害したり、マイニングだけして雇用創出など地元経済に恩恵がない場合、マイニングに対して地元から「NO」の声が出ることも▼

まとめ

長続きするマイニングのキーワードは「地元との連携」なのかもしれません▼

アルコア工場に最も近い町マシーナの政治家たちは、今回の計画が逆に地元の雇用を促進すると歓迎している。コインミントは、150人の雇用創出を約束している。
「150人を雇用し、アルコア社の東部工場を再利用するのはエキサイティングだ。これまで町がやろうと取り組んできたことだ」

まだ仮想通貨がブームではなかった頃なら、こういったことは問題にならなかったでしょう。
しかし一度火が付き、その後も将来性などが認められた場合、マイニングで利益を得ようとする事業者が増えるのは自然なことです。

ただ、自分だけうまくいけばいい、その場だけ利益が稼げればいい…となると、環境や周囲との調和を図れないため、短期的な投機で終わる可能性が高くなります。

今後も仮想通貨という存在は人々から必要とされるでしょう。
そしてそれはマイニングも同じこと。
末永くマイニングで事業を継続し、息長く利益を獲得したいと考えるなら地元との連携やコンプライアンスは必須事項となります。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

関連するまとめ

仮想通貨は中央銀行も目を離さない|ビットコインの本音の声、何がすごい?

仮想通貨が法的に取り扱われる前から中央銀行も注目していました。法案が通る前から動き、銀行オリジナルの通貨開発…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 3750 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。