これまで何度か、仮想通貨ETFについて本サイトでお伝えしてきました▼

「仮想通貨ETFだと何かいいことありそう…」

そうは感じながらも、そもそもETFがどういうものなのか??
あまりなじみがない方もいらっしゃるのではないでしょうか(←私ですw)

今回は、ETFとは何か、仮想通貨ETFができるとどんなメリット・デメリットがあるのかなどについて書いていきます。

ETFとは何か

ETFとは、Exchange Traded Fundの略で、「上場投資信託」のこと
投資信託が上場(証券取引所を通じて誰でも自由に売買できるようになること)しているため、通常の株式投資と同じように、証券取引所が開いている時間ならいつでもリアルタイムな値段で売買できます

株式との違い

株が特定の会社への投資であるのに対して、TOPIXに連動するETFなら、TOPIXの算出に採用されている東証一部上場企業に分散投資しているようなもの。

分散投資を行うため、一社に投資するよりリスクが低くなります。
TOPIXの場合、東証一部に上場している2000銘柄を対象とした指数です。

つまり、

東証一部上場の全銘柄から算出されるTOPIXと連動したETFを購入すると、約2000社に分散投資したことになるのだ。

投資信託との違い

ETFは「販売会社」に信託報酬を支払う仕組みになっていない。その分、「信託報酬」も割安になっている。

投資信託は、「販売会社」「受託会社」「運用会社」の3社に対して「信託報酬」と呼ばれる保有コストを支払わなくてはいけません。
その差は0.4%。
最初投資する分には、微々たる差でしかありませんが、時間が経てば経つにつれ、その差は大きくなっていきます。

つまり、長期投資でETFを選べばオトク、ということです。

これらの特徴を仮想通貨ETFに置き換えると…

こういった株式投資におけるETFの特徴を仮想通貨ETFに置き換えるとどうなるでしょうか。

・ビットコインやイーサリアムなど主要な仮想通貨を複数組み合わせた指標をもとにETFを組成
・低めの手数料でリスク分散しつつ仮想通貨に投資ができる

ということになります。

ただ、仮想通貨は株式に比べて圧倒的にボラティリティが高いため、価格変動という意味でのリスクを分散する要素は若干弱いと言えます。
すべてとは言いませんが、多くの仮想通貨はビットコイン価格に連動して上下動することが多いからです。

ただ、それでも、一つだけに投資するよりはリスクは抑えられることになるかと思われます。

仮想通貨ETFが実現したらどうなる?

仮想通貨の価格乱高下も、流動性が増えれば裁定取引が活発になり、割高な取引所では売られ、割安な取引所では買われ、長期的に平準化されよう。

では、仮想通貨ETFが実現したらどうなるのでしょうか。
メリットとして言われているのが

・裾野の拡大→仮想通貨市場の広がり→全体的な価値の上昇
・流動性が上がることによるボラティリティの低下

などが言われています。

よく、株式の世界では

「株式投資で一社に投資するのは怖いけど、投資信託なら安心」

ということが言われます。
これと同じく

「仮想通貨一種類だけに投資するのは怖いけど、仮想通貨ETFなら安心」

という人もいるかもしれません。

ただし、次のようなことが生じるかもしれません▼

証券と同じ土俵に立てば、現在、株式・債券・為替市場で顕著な高ボラティリティー現象の洗礼を受けることは避けがたい。

さらに、▼

現在、BitcoinベースのETFは店頭取引市場で取引され、昨年は目覚ましい運用益を得た。しかし、これらの数字は根底にある(規制されていない)取引所の不安定さにより損なわれている。
「取引所を越えて運営をおこなう大手機関がないことで、裁定取引の規模は不十分であるだろう」
規制と管理の強化が必要になる可能性も

規制と管理の強化が必要になる可能性も

現状では、それぞれの取引所で取引が行われる仮想通貨。
相対取引もありますが、全体としてみると、まだ規模が小さく、かつ、取引所ごとに価格が微妙に異なります。
この異なる状態で指数を客観的なものにするのはなかなか難しいものです。
さらに、「デジタルでありながら金融の性質を持つ」仮想通貨をどのように安全に管理していくかも問題です。
取引所へのハッキングのみならず、仮想通貨そのものへの攻撃の問題もあります。

もしかしたら、それぞれの取引所を超えた、より大手の運営主体が必要になってくるのかもしれません。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

関連するまとめ

企業を狙う「仮想通貨マイニング(採掘)マルウェア」に要注意|組織の膨大な電力と複雑な…

企業のネットワークを狙う仮想通貨マイニングマルウェアが発覚した模様です。南米が中心のようですが、北米やヨーロ…

鈴木まゆ子 / 1511 view

関連するキーワード

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。