コインチェック、匿名通貨の扱い停止

マネックスグループ傘下で仮想通貨交換会社のコインチェックは18日、取引履歴をたどることができない「匿名通貨」3つを含む計4通貨の取り扱いを6月18日を最後に停止すると発表した。
これでコインチェックの取り扱い通貨は9種類に減る。

匿名性の高い仮想通貨
「Monero」モネロ、「Zcash」Zキャッシュ、「Dash」ダッシュ
そして、「Augur」オーガーも含めて、
4種類の取り扱い廃止が「6月18日」付で行われます。

※「Auger」オーガーは、ギャンブルなどにも
使われる仮想通貨とも伝えられています。

移動先を用意していない方は
取引所の開設他新たな手続きをしなくてならない方もいそうです。

コインチェックは今回の匿名通貨の取り扱い廃止は、金融庁からの業務改善命令を受け、マネーロンダリング防止(AML)とテロ資金供与対策(CFT)の整備・強化のためであると説明している。
廃止日に保有している対象通貨は、市場価格で売却し、日本円に転換されるとしている。

“日本円に換金”し、ユーザーの口座に転換されるのであれば、保有したい方は対象の仮想通貨を移動することが必要です。
もしくは希望の相場価格になっていれば廃止日の市場価格前に、自分で売却するかが必要になります。

今回の発表に伴い、多数の送金申請が来た場合、目視等での確認も含め送金完了までに数日程度掛かる可能性があるという。

先日、金融庁の方針として、「匿名性が高く、マネーロンダリング(資金洗浄)に使われやすい仮想通貨の取り扱いも原則認めない」と伝えていました▽

Monero(モネロ)、Dash(ダッシュ)、Zcash(Zキャッシュ)は、
“外部から取引記録が参照できない”とも報じられており、
匿名性が高い仮想通貨と名があがっていました。

実際に、毎日新聞が14日に報じた暴力団によるマネーロンダリング疑惑の中でも、マネロンの実行部隊はZキャッシュ、ダッシュ、モネロを使っていたとしている。
記事によれば、実行部隊は匿名通貨を使い、海外の取引所で十数回の交換を繰り返し、追跡を困難にした上で現金化していた。

また、

マネーロンダリングに使用される可能性があり、コインチェックから流出したNEMも、多くが追跡できないDashに換金されていた。

現在は開発担当の執行役員を
務めているコインチェックのCEOを退任した和田氏は▽

以前より、みなし業者としてのコインチェックが登録業者として、なかなか申請がおりない理由の中にも、とりあつかい仮想通貨が多いから時間がかかっているとも伝えていたことがあります。

マネックス傘下となったコインチェックは、これで完全再生を果たすのか、

関連するまとめ

仮想通貨ビットコインの単位BTCからBitsへ変更か|単位変更で取引量が増える予測

仮想通貨ビットコインの単位表記がBTCからBits表記へShapeShiftが同意したといいます。2016年…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 24551 view

関連するキーワード

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
5月末~6月より個人的に新しい講座や企画をご紹介することになりました。

お友だちだけにご案内させていただきます。
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。