中国の工業情報化省は17日、公式の仮想通貨の格付けを発表した。
「国内の専門家」らは、28の仮想通貨の中から、イーサリアムを1位、ビットコインを13位にランキングした。

中国の公式ページをみると、ずらりと一覧で公開していました。NEOやステラ、そしてADA、モネロ、他は何位にランキングしているのでしょうか。28の暗号通貨をご紹介いたします。

格付けといえば、以前より取り上げているサイトがありますが、お国が違えば評価する着眼点も異なるはずですが…

中国の暗号通貨28の格付け発表「評価にコミュニティ激怒」

3つの評価基準で格付けをしたと発表していますが、ジャッジされた点は「テクノロジー技術」「アプリケーション」「イノベーション」に基づいているようです。

工信部赛迪研究院发布全球公有链技术评估指数_电子信息产业网

工信部赛迪研究院发布全球公有链技术评估指数_电子信息产业网

1位:イーサリアム/Ethereum(ETH)

イーサリアムを1位として評価したのは、様々なブロックチェーンプロジェクトを公開している点、世界的な仮想通貨部門におけるランキングも評価したと報じています。

イーサリアムは3つの指標すべてで非常に高い評価を受けている。これは今年1月に米国の格付け会社ワイスレーティングの仮想通貨格付けの同様の結果だ。
中国の地元メディアCENは、「この結果は、第2世代ブロックチェーン技術の典型的な代表例が、イーサリアムであることを示している」と書いている。

2位:スチーム/Steem(STEEM)

LiskやNEOとは異なり、

Steemは分散アプリケーションの作成に使用できる基本レイヤーブロックチェーン技術ではないため、中国の格付け2位に位置したことはコミュニティにとって予想外だったと報じられています。

Steemは、コンテンツの配信を主目的としたブロックチェーンに基づくコンテンツ配信プラットフォームです。

Steem is a content distribution platform based on the blockchain with a primary purpose of distributing content.

※ユーザの交流補助を目的としたプラットフォーム

3位:リスク/Lisk(LSK) 

4位:ネオ/NEO(NEO)

5位:コモド/Komodo(KMD)

6位:ステラ/Stellar(XLM)
7位:カルダノ/Cardano(ADA)
7位:アイオタ/IOTA(MIOTA)
9位:モネロ/Monero(XMR)
10位:ストラティス/Stratis(STRAT)

11位:クオンタム/Qtum(QTUM)
12位:ビットシェアズ/BitShares(BTS)
13位:ビットコイン/Bitcoin(BTC)
13位:ヴァージ/Verge(XVG)
15位:ウェーブス/Waves(WAVES)

逆に、ビットコインは「イノベーション」の分野では一番高い評価を得ているが、「技術」と「アプリケーション」で点数を下げている。

関連するまとめ

IRSは仮想通貨ビットコインキャッシュに税考慮|米国内国歳入庁がハードフォーク税徴収…

アメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)が、8月1日に生まれた仮想通貨ビットコインキャッシュで得た利益に税を課す可…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 8567 view

仮想通貨まとめ編集部の志水

税理士事務所兼、マネージメント・財務・
会計・経営・人財コンサル業に
20年近く勤務してきました。

投資も含め、仮想通貨によく似たコインや
権利収入などの相談も受けてきました。

ブロックチェーンにほれ込んで
仮想通貨の世界から抜けられなくなりました。
この世界は大きく変わるものと確信し、
変革の時代に立ち合えると思っています。

数字は過去を知り、
未来を想像する材料になります。

有益な情報を共有できる
言葉の情報発信を目指しています。


サンワード貿易さん主催の
仮想通貨セミナー講師登壇満員御礼!
ありがとうございました。
新たにサンワー貿易さん「大阪」で6月26日開催が決定しました。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/06/26/index.html

また、7月7日はサンワード貿易さん「東京」も決定。

http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/07/07_2/


仮想通貨だけではなく、投資そのものに焦点をあて、
8月22日より個人的に新しいサロンや講座をオープンいたします。

お友だちだけにご案内させていただきますので、
もしよろしければ
LINE@『 @megumi.shimizu 』お友だち追加もお待ちしています。