”51%攻撃”による仮想通貨の盗難相次ぐ

仮想通貨”そのもの”への攻撃が相次いでいます。

”51%”攻撃という、POW(プルーフオブワーク)アルゴリズムの脆弱性を狙った仮想通貨アタックが続発。

これにより、次々と仮想通貨が盗難・流出しています。

最初に攻撃に遭ったのは国産仮想通貨「モナコイン」

最初に攻撃に遭ったのは国産仮想通貨「モナコイン」

最初に攻撃に遭ったのは、5月15日。
日本国産の仮想通貨「モナコイン」が被害に遭いました▼

一般のユーザーには被害はなかったものの、ある取引所ではモナコインの入金履歴が巻き戻されて被害が出た模様だ。

被害に遭ったのは海外の取引所「Live Coin」。これにより1000万円相当の流出があったと言われています。

▼その翌日にはBitcoin Goldへの攻撃▼

ビットコインゴールド(BTG)が悪意のあるマイナーから51%攻撃を受けた
この攻撃によって海外取引所からおよそ20億円の被害が出た

さらに、22日は、Vergeのブロックチェーンが書き換えられました。Verge Coinについては、4月以来、51%攻撃を受けています▼

アタッカーは51%攻撃によってVerge(ヴァージ)ブロックチェーンのフォークを成功させてしまいました。
たったの数時間でアタッカーはおよそ3500万XVG(時価、約2億円相当)を持ち逃げしました。

「51%攻撃(Block withholding attack)」とは

今回のアルトコインの流出はすべて51%攻撃によるもの。
51%攻撃は別名「Block withholding attack」と言われます。

51%攻撃とは、悪意のある個人またはグループがハッシュパワーの過半数を占める(誰よりも早くマイニングを行う)行為を指します。
これによってそのネットワークを支配し、不正取引を自在に行う事が出来るようになります。

仮想通貨が成り立つ仕組みのひとつとして、「改ざん性の低さ」があげられます。
報酬システムにより、互いが知らないもの同士のマイナーであってマイニングが善意のもとに動くようになっているのがPOWだったはず。

しかし、その善意が覆され、悪意で動いたがために、ありえないはずの二重払いが生じました。

もっと具体的にはこんな仕組み▼

本来マイナーは、ブロックを承認するための鍵を誰よりも、早く見つけて報酬としてビットコインやモナコインなどの通貨を受け取る権利があります。
それにも関わらず、見つけたことをあえてブロードキャスト(ネットワークに公開)せずに保留した上で、一挙にブロードキャストすることで意図的にチェーンの巻き戻し(reorg)を発生させ他のマイナーの取り分を自分のものにしようとする攻撃のことです。
長いチェーンを正当なブロックチェーンとみなすというルールを悪用して、秘密裏に長いチェーンを作っておいて一度にブロードキャストすることで、全てのマイニング報酬を自分のものにする
ブロックチェーンではこのような時に長いチェーンを優先するのでチェーン②の犯人が承認したチェーンが正しいチェーンということになります。
POWアルゴリズムだからこそ改ざんされた

POWアルゴリズムだからこそ改ざんされた

POWの仕組みを逆手にとったのが今回の盗難だと言えます。

こっそりと本来のチェーンよりも長いチェーンを作っておき、公開のタイミングではPOWのルールにのっとって自分が「自然に」正当とみなされるようにするのです。

報酬という仕組みでトラストレスでも動く仮想通貨ですが、今回は「マイニング報酬よりも裏切った報酬のほうがずっと高い」として逆手に取られた形になります。

狙われやすいのはPOWアルゴリズム

また、この問題は他のPOWアルゴリズムを採用している仮想通貨、つまりビットコインやモネロといった他の多くの仮想通貨にも十分発生する可能性があります。

ブロックチェーンの巻き戻しは、かねてからその攻撃手法について可能性が指摘されており既知のものであったが、このようにあからさまに攻撃が実行されることは珍しかった。
今回は26ブロックという長いものであり、しかも複数回の攻撃が確認されており、非常に計画的なものであると考えられる。

関連するまとめ

米仮想通貨取引所Coinbaseの企業価値はおよそ”9000億円”|「仮想通貨はチュ…

アメリカの大手仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)の企業価値が80億ドル(約9000億円)に到達す…

鈴木まゆ子 / 1474 view

関連するキーワード

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。