米サークル、アメリカドル連動の仮想通貨を発行へ

仮想通貨の特徴は「ボラティリティが高いこと」。
これが投資家にとっての旨みではあるのですが、その一方、ボラティリティが高いゆえに、怖くて手を出せないと感じる人も相変わらず多いのが現状です。
そしてまた、仮想通貨の価値である「支払手段」としての意義が見失われているのもこのボラティリティの高さゆえ。

が、もしかしたら、邦貨連動になることでこのハードルが下がるかもしれません。

ボストンに拠点を置くデジタル通貨関連商品を開発する企業であるサークルが、マイニング大手のビットメインを中心とした投資ラウンドで1億1000万ドル(約121億円)の資金を調達した。
ビットメインとサークルは、法定通貨と連動したトークンである「ステイブルコイン(安定したコイン)」を開発する。

このトークンは「サークルUSDコイン(USDC)」と名付けられ、今夏にも発行される模様。

これにより、Circleの企業評価は2年前の約6倍にあたる300億ドルにまで上昇しました。

サークルはUSDCを自社の決済アプリである「サークル・ペイ」と仮想通貨取引プラットフォームの「サークル・トレード」の二つに統合することを目標としています。

さらに、▼

USDCは同社が経営する仮想通貨取引所であるPoloniexでも取引が可能になることが予定されています

イメージとしては「民間型”独自仮想通貨”」

「USDCは、ずっと少ない費用で、高度な安全性を持ちながら、インターネットのスピードで全世界を移動できる法定通貨のようなものだ。トークンで電子決済を行いたい消費者や企業にとって、これは世界規模での法定通貨の送金方法を大幅に改善するものだ」

最近ブームが落ち着き気味ですけど、イメージとしては”民間”「自国仮想通貨」みたいなものではないでしょうか。
邦貨と1:1比率であることで、ボラティリティへの懸念はなくなります。
かつ、決済スピードが邦貨以上であるなら支払手段としてのメリットが高まります。

MUFJコインもこのUSDCと似ていますね▼

感想

感想

仮想通貨市場の現状を鑑み、こういった仮想通貨は今後も増えていく可能性があります。
価格変動がないことで他の仮想通貨との差別化にもつながりますし、「仮想通貨、興味あるけど手出しするのが怖い」層が一歩踏み出すのには合っています。

「自国仮想通貨と大して変わらないじゃないか」と言われそうですが「国という機関の関与しない取引ができる」という点で、ある意味「安心感」が得られるのではないでしょうか。
今後の動向を見守りたいところです。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

投資会社テマセク、ビットメイン社へのプレIPO関与否定|取引所ビットメックス分析「ビ…

ビットメインに出資のウワサのあったシンガポール政府系の投資会社テマセク。先日、公式にビットメインへのIPO関…

鈴木まゆ子 / 1529 view

鈴木まゆ子

税理士・ライター。


2017年の1年間、仮想通貨は”投機手段”として知られるようになりました。

しかし、本来は国や組織を通さない決済手段です。

そのため、経済や金融で危機を迎えている国々においては、「安全資産」のひとつとして注目されています。

何のバックグラウンドも持たないまま、人々の信用だけで「貨幣としての価値」を認められるようになった仮想通貨。
今後どうなっていくかをじっくり見守りたいと思っています。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問を中心にお伝えしていきます。


Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。