個人もマイニングビジネスに夢中

個人法人問わず、今ロシアでは仮想通貨マイニングばブームになっています。
プーチン政権下での仮想通貨許容のスタンスが仮想通貨ビジネスの追い風になりました。


ただ、このマイニング熱のヒートアップで、実際に火災も発生しています▼

マイニングで火災発生

Ферма для майнинга стала причиной пожара в Северске - YouTube

出典:YouTube

ロシア・シベリアのセヴェルスク市にある9階建てマンションの4Kの部屋で火事が起きた。部屋には2つのマイニング工場があった。
同省(非常事態省)の広報担当は「火元は窓辺で、そこで調査中に仮想通貨の採掘に用いられるいわゆるマイニング工場の燃え残りが見つかった。こうした工場は他の部屋でも見つかった」と述べた。

マイニングが原因の火災はロシアのあちこちの都市で定期的に起きています。
火災の主な原因は電線のショートですが、マイニングボード事態のヒートアップもあるでしょう。マイニングボードは使用するにつれて加熱するため、冷却という作業も必要なのです。

こういったロシア国内での火災の頻発について、ロシアの非常事態省は警告を発しています。

「アンチスチヒヤ(反災害)」センターの報告書には「仮想通貨マイニングの際に負荷が高まることに関係し、配電網配電網における事故の可能性が高まっている」としている。
同省によると、配電網はこのような負荷の増加を想定していないことがあり、その場合、火災のリスクが生まれる。

政策が変わらない限り、当面このロシアでのマイニングブームは収まらないでしょう。
もしかしたら、電力インフラの見直しや専用配電網の設置などが必要となってくるかもしれません。

シベリアに大規模マイニングセンター設置

その一方、先月上旬、シベリアに大規模マイニングセッターが設置されることが明らかになりました。
これまでも大規模マイニングはロシア国内で行われてきましたが、今回設置が明らかになったセンターはもしかしたら最大規模になるかもしれません。

仮想通貨のマイニングを手がけるビットバザ社のダニエル・ザコモルキン社長は、ロシア最大規模のマイニング場を、シベリアのクラスノヤルスク地方に展開すると明らかにした。
設備投資には30億ルーブル(約52億円)を投じる。工業団地内で、マイニング場の複数の処理施設の建設作業が始まって1か月以上がたった。マイニング場は最初10メガワットの電力消費から開始し、その後消費量は120メガワットにまで増やす。

マイニングで生じた熱は、熱発電に変換されて住宅用暖房に活用される模様。
シベリアならば、広大な地域だけでなく寒冷さも相まって、効率よくマイニングが行えることになりそうです。

このマイニングセンターを設置した企業の代表は次のように述べています▼

「ロシア最大の広さを誇るマイニング場となるだろう。最終的には、マイニングよりも、流動的な商品を作る計画で、それがこのプロジェクトを戦略的なものにしている。クラスノヤルスクは電力に余剰がある。工業団地ジブニーでは、単一電力系統につながる3つの母線が自由に使える」
まとめ

まとめ

マイニングブームはロシアだけでなくアメリカやオーストラリアなど広大な土地を誇る地域を中心に起きています。
同時に、個人の仮想通貨マイニングブームも当分さめそうにありません。
それを見込んだ企業はクラウドマイニングビジネスを手掛けたりもしています。

火災などの災害や環境問題、資源の枯渇と言った点は確かに気になります。
しかし、トラストレスシステムで成り立つ仮想通貨を支えるマイニングの支え手には、当分不自由はしなさそうです。

当サイトでは、売買に関してお勧めしているものではございません。資料としてご提供できる記事をお届けしております。ご自身でアクションを起こされる場合は、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。いかなる状況になろうとも、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

【注意とお願い】無断転用・複写などされませんようお願いいたします。ご利用の場合は、当サイト名とURLのリンクを明記の上お願いいたします。

仮想通貨ニュース、勉強会等、仮想通貨情報はLINE@からお知らせ

 仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

仮想通貨まとめ公式LINE@登録方法

スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。
 
「@coinnews」← @マークを入れて検索してくださいね!
出典:http://line.me

スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください

LINEをされていない方は、こちらに                 今さら聞けない仮想通貨「最新情報もお届けします」▼より、どうぞ

関連するまとめ

新仮想通貨c0ban(コバン)リリース|㈱LastRootsが世界発の広告閲覧付与

株式会社LastRoots(本社:東京都港区)は、ブロックチェーン技術を活用して、新仮想通貨「c0ban(コ…

仮想通貨まとめ編集部の志水 / 7273 view

関連するキーワード

鈴木まゆ子

税理士・ライター・心理セラピスト。


仮想通貨は現時点(2017年)では投資(というより投機)の手段として着目されています。
しかし、その基礎技術であるブロックチェーンを含め、今後AIとともに、人間の未来をより効率的に、かつ安心できる社会にしていく可能性のあるものではないかと思っています。

個人だけでなく、国としても注目のアイテムなのが仮想通貨です。

こちらのサイトでは、その仮想通貨をめぐる社会情勢や素朴な疑問についてお伝えしたいなと考えています。


ブログ「税理士がつぶやくおカネのカラクリ」(心理記事メインです)https://ameblo.jp/mayusuzu8/
Facebook:「おカネのカラクリ」または「税理士鈴木まゆ子事務所」
Twitter: mayu_suzu8


この他、ZUU Online, マネーの達人などで税務・会計を中心に解説しております。


2017年11月20日、TOKYO FM「クロノス・プラス」にて、仮想通貨関連について解説いたしました。